Home > 女神愛づるもの
自然出産の智慧ー非西洋社会の女性達が伝えてきたお産の文化
自然出産の智慧―非西洋社会の女性たちが伝えてきたお産の文化 自然出産の智慧―非西洋社会の女性たちが伝えてきたお産の文化
ジュディス ゴールドスミス Judith Goldsmith
 

日本教文社 1997-12
売り上げランキング : 505371

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

お産を経験した人、これから経験する人を含む全ての女性に捧げたい、素晴らしい1冊が、この「自然出産の智慧」です。

本書は、世界各地の非西洋社会(ネイティブな文化が残る社会)のお産や産後のケア、過ごし方について、世界各地で聞き取り調査をしたジュディス・ゴールドスミスによって記された貴重な記録書です。

情報が溢れかえり、何が身体にとっていいのか、どんなお産がいいのかが分からなくなりつつある現代において、自分自身の指針を作るのに役立ってくれる素晴らしい本です。

日々、妊婦さんのマッサージをしたり、サポートをする中で、最後の最後は、自分自身と赤ちゃんんの持つ力、ひいてはいのち=自然に対する信頼感が、大切な鍵になることを強く感じます。

病院での出産を選択しても、自宅での出産を選択しても、自分の生命力への信頼を持って出産に臨むことが、自分自身への、そして赤ちゃんへの、何よりの応援歌になることを教えてくれる本です。

本中には、私が学んでいるハワイ=オセアニア地区での出産サポートや、タイの温熱とハーブを使っての産前産後のケアも載っていて、私がTHMで産後のハーバルケアユーファイを習い、日本で広める決心をする背中を押してくれた本でもあります。どの部族でも温めることとマッサージがスムーズな出産をサポートしていることが、うれしい驚きでした。

自分を信じることの大切さ、自分を信頼することの大切さ・・・分かっていてもなかなか頭と心の作業だけでは追いつかないものですよね。

でも、自分の身体の中、奥に眠っている生命力のポテンシャル(潜在能力)を感じ、信じることは、思っているよりも容易に体得でき、また一度体得したら持続する、素晴らしい力になってくれます。

女性のもつ底知れぬポテンシャル、生命力・・・

そしてその力をサポートし、次世代につなぐことが出来る慈愛と絆のこころ・・・

人は、愛の花=いのちの花をつなげていく美しいLeiを作りに、地球に来ているのかも知れない・・・そんなことを思わせてくれる1冊です。

ぜひ読んでみてくださいね。

「よりよいお産ーそれはすなわちよりよい健康」(本文より)

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
宮沢賢治イーハトヴ自然館
宮沢賢治イーハトヴ自然館―生きもの・大地・気象・宇宙との対話 宮沢賢治イーハトヴ自然館―生きもの・大地・気象・宇宙との対話
ネイチャープロ編集室
 

東京美術 2006-08
売り上げランキング : 646766

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今回の震災以降、多くの人が新しい暮らし方やエネルギーのこと、生き方を模索し始めて、いい時代が始まったなあと毎日嬉しく思っています。

21世紀的な新しい暮らしを考える上で、私の中で大切にしているキーワードは、「自然とのワンネス、大調和」。

30代前半に環境系のNPOで働いたこともあるのですが、このテーマは人類史上何千年もかかってなかなか答えが見つからないまま今日まで来ている、とても深いテーマであることをその頃痛感しました。

今は感性、体験、知性、魂の声、総動員で、毎日模索しています。

そんな中、この人ほど、自然と対話し、生き物同士の距離感、付き合い方、他の生物のいのちをいただいて生きることや連綿と続くいのちのバトンタッチの本質を、壮大なスケールで考えた人はいないのではと思う大作家、宮沢賢治が、多くのヒントをくれます。

小学校の時から大好きな作家ですが、賢治の創造力・空想力のスケールに追いつくのは、なかなか容易ではなく、眉間にしわを寄せながら読んだ経験があるのは、私だけではないのでは?と思います。

そんな賢治の世界を体験するのに、素晴らしい手引きとなるのがこの1冊、。

賢治の文章の抜粋と素晴らしい写真がみごとなコラボレーションを生み、賢治の体験していた自然との一体感=ワンネス=を私達に垣間見させてくれます。私達の創造力と空想力につばさをくれ、賢治の世界を自由に羽ばたくことが出来るのです。

ALOHAの考え方の基本は、人間をはじめこの宇宙の全ての存在、万物が呼吸でつながっている、というもの。その中で私達人類が、どれだけ自然に敬意を払いつつ、自然と共に生きる歓び(生も死も含めて)をもって生きられるかが、この地球を楽園に戻せるかの鍵だということを、今回のハワイ滞在で実感しました。

そんな、ALOHAの真髄を日本の岩手で感じ続けていた賢治の世界を、ぜひ美しい写真を通して垣間見てみませんか。

「・・・おお朋だちよ いっしょに正しい力を併せ

われらのすべての田園とわれらの全ての生活を

一つの巨きな大四次元の芸術に創りあげようではないか・・・

まづもろともかがやく宇宙の微塵となりて無方の空にちらばらう」

(宮沢賢治「農民芸術論概要」)より

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
朝美人
朝美人 朝美人
久米由基
 

デラ 2008-04-10
売り上げランキング : 12602

Amazonで詳しく見る by G-Tools


今回は久しぶりにCDのおススメです。

朝美人・・・朝に弱く、かなり朝美人と対極にいるだけに(笑)、タイトルに惹かれて購入しました☆

以来お気に入りの1枚です。

聴いてみると、本当にさわやかで、内側からゆっくり目覚めていくように選曲されていて、今日も一日ナチュラルな自分でがんばろう、と素直に思えるCDです。

私たち人間にとって、なぜか、自分をそのまま受容すること、ありのままの自分でいることを自分に許すことは、案外一番難しかったりします。

人への気遣いをしすぎたり、周りの空気にあわせたりするうちに、どんな状態が自分の素のままのナチュラルな状態だっけ・・・ふと分からなくなっている自分に気が付くことがあります。

そんな自分に気が付いたら、金曜日の夜は少し長めのゆったりお風呂、そして、少し早めに布団に入って、お腹にほっこり手を当てて「お疲れ様」・・・と言いながら眠りにつきます。

目が覚めたら朝一番でこのCDをかけて、手足からゆっくり動かし始めて、気持ちよくゆるゆるとストレッチをしてみます。

すると

「 うん、このままの自分で大丈夫 」・・・いつも一生懸命がんばっている自分に、自然にOKが出せて、自分へのALOHAを思い出して、いつもより自分にも、周りにも優しい1日を始めることができます。

マッサージやヨガ、胎教にもおススメの1枚です。

ぜひ聴いてみてくださいね。

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
年齢をかさねる贅沢
年齢をかさねる贅沢 年齢をかさねる贅沢
ヴェロニク ヴィエン 岸本 葉子

光文社 2003-04-22
売り上げランキング : 532775

Amazonで詳しく見る by G-Tools

21歳の時、ふと立ち寄った手相占いの方に 「あなたは大器晩成だから、56歳くらいの時が一番花開くよ」 と言われて、目からウロコが落ちて、未来がぱあっと開けた時の記憶が今でも鮮明に蘇ります

若さがもてはやされる日本では、21歳といえば 「いまが花」 と言われる年齢。

いますぐに花を咲かせなくては、という焦りの気持ちもどこかに抱えた21歳で、この言葉を素直に聞き入れることができたのは、いま思うととても不思議ですが、当時、憑き物が落ちたようにすっと納得したのを憶えています。

それから7年後にこの本に出会いました。

パリ生まれで、ニューヨークを拠点とする人気ライターヴェロニク=ヴィエンによるこの素晴らしいフォトエッセイは、年齢を重ねていくことの利点、楽しみ方、発想の転換を提案した、全米で50万部を越えるベストセラーになった本です。岸本葉子さんの訳がまたとても素敵。

「まず、目の美しさに気づきましょう。柔らかなオーガンザのような、皺に包まれているからこそ、瞳はずっと生き生きと輝いて見えるのです。」(本文より)

「『私も40歳、50歳、60歳になりたい』下の世代に、そう思わせる大人になりましょう。人生は年齢をかさねるにつれ、楽しく、スマートに、かつ真摯になっていくことを、身をもって示すのです」(本文より)

ページをめくればめくるほど、年齢をかさねていくことに対するネガティブな思い込みを手放していくことができ、気がつくと、今の自分 ー刻々と年齢を重ねている自分、人生の可笑しさもほろ苦さもわかり始めた自分ー の年齢を、誇らしく感じることができるようになっています。

ハワイでは、年長者はクプナといい、皆から敬われ、大切に扱われる存在です。

でもそれはきっと、ただ歳をとっているからという理由ではなく、自分のストーリーをALOHAと共に生き、自然と共に歩む生き方を身につけ、それを若い人にシェアできる智慧と大きなALOHAにまで高めたからこその、尊敬ではないかしら、と思います。

「鏡をみて、『この人は、私がなりたいと思っている60歳の自分の、若かりし頃なのだ』と考えてみましょう」(本文より)

柔らかな皺に縁取られた、少女のような生き生きした、ちょっといたずらっ子のような瞳

皺の中にたくさんのALOHAを刻んで、たくさんの子どもたちをマッサージしてきた手

日に透けるとキラキラ光って、銀色のつむいだばかりのシルクのように見える髪

思わず話しかけたくなるALOHAなオーラ・・・

そんな自分をイメージして、時間を越えて、未来の自分に今何をしたらいいかを問いかけてみます。

すると心が豊かに落ち着いて、するべきことが見えてきます。

自分の未来のこと、これからどんな風に年齢をかさねていこうかと思いを巡らせるときに、読んで頂きたい1冊です。

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
ハワイの50の宝物
ハワイの50の宝物 ハワイの50の宝物
高砂 淳二

二見書房 2005-04
売り上げランキング : 242766

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ハワイ好きにも、海を愛する全ての人にも愛される高砂淳二さんの、この素晴らしいフォトエッセイを手に入れ、魅入られるように何度も何度も読んだ日の夜は、魂の深い部分が揺さぶられて眠れませんでした。

高砂さんの撮った美しいハワイの写真と、人類の宝であるハワイの文化、人々、暮らし方、自然、そして信仰が、ALOHAに溢れるエッセイで綴られているこの本は、読む人を表面だけではないハワイの深い世界への扉へと導いてくれます。

私も扉を開いて、人生が大きく変わった一人。

ハワイとの深いご縁の結び目を、美しいロープで補強してくれたような1冊でした。

ハワイに通うようになってしばらく経った頃、高砂さんの写真展があることを知り、足を運んだところ、偶然ご本人がブースでニコニコ座っていらっしゃいました。

東京の真ん中で開かれた写真展なのに、まるで高砂さんの周りだけハワイの風が吹いています。

快く本にサインをしてくださった高砂さんに、「この本に出会って、ハワイの魔法にかかってしまいました」と告白すると、「あららー。かかっちゃいましたか。かかってしまったら、もう戻れないかもね」と、生まれたてのアザラシのようにピカピカした黒い瞳でいたずらっ子のように笑いかけてくれました。

そして、ますます私はALOHAの魔法にかかってしまったのでした。

ALOHAの魔法にかかりたい人、ハワイの魅力に取り付かれて恋をしたい人、ぜひお手に取ってください。

注:一度かかると二度と解けない魔法です。ご注意ください♪

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
ハワイアンリラックス 生きる喜びの処方箋
ハワイアン・リラックス―生きる喜びの処方箋 ハワイアン・リラックス―生きる喜びの処方箋
ポール ピアソール Paul Pearsall

河出書房新社 1998-09
売り上げランキング : 454846

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ついに私の一番の宝物のALOHA本をご紹介します♪

どうして、こんなに順番が遅くなったかというと・・・あまりにも大切で、思い入れが強くて、なかなか言葉が見つからなかったからです。

この本と出会ったのは、まだまだハワイとこんなにご縁ができるとは思わなかった20代、保育園で毎日忙しく働いていたときのことです。

「ハワイアンリラックス」という言葉はもちろんですが、「生きる喜びの処方箋」という言葉に吸い寄せられるように惹かれ、本屋さんで手に取ったのがこの1冊。

その頃の私はきっと「ハオレ」 ー 主に白人をさすのですが、ハ=呼吸が切れている人たち、つまり息切れをしながら生きている人たち ー だったのだと思います。

ページをめくるたびに、自分の中にハ(呼吸)が戻ってきて、見えない目標に向かってがむしゃらに生きるのではなく、ALOHAを生きる決心をしさえすれば、毎日が生きる喜びにあふれた人生になるんだ!

魔法の杖を見つけたようにワクワクしながら、読み進めていった興奮を今でも鮮明に覚えています。

以来、何十回、何百回・・・数え切れないくらい手にしましたが、その度に、新鮮な発見と学び、そして、「何かを目指す」のではなく、今この瞬間、目の前にいる人たちと「ALOHAを生きること」そのものが歓びであることを、再確認させてくれます。

マウイ島で育ち、アメリカで心理学者として活躍していた作者のポール博士ですが、ご自身大病に倒れた時に得た様々な洞察を織り交ぜながら、西洋の道、東洋の道、そして第三の道であるポリネシアの生き方を比較しながら、本当に幸せを感じる生き方=ALOHAな生き方を解説してくれます。

心理学の博士であるポール氏の文章は分かりやすく、随所にALOHA度テストなどもついており、右脳だけではなく、左脳も納得させてくれる1冊です。

フラの神様といわれるフランク・ヒューエット氏や、知る人ぞ知るケアリー・レイシェル氏をはじめとするハワイ文化の担い手や、クプナ(長老)、カフナ(治療者)の宝物のような言葉達も多数引用されているのも、魅力の一つ。

ぜひ、お手にとって、「ハワイアン・リラックス 生きる喜びの処方箋」を、ご一緒に実践してみませんか。

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
YOGA NIDRA(2)Voice fromNature
YOGA NIDRA(2) Voice of Nature YOGA NIDRA(2) Voice of Nature
知浦伸司

インデーズ・メーカー 2007-04-18
売り上げランキング : 46087

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今日のALOHAなCDの紹介は、知浦伸司さんの「YOGA NIDRAⅡ」です。

数ある知浦さんのCDの中でも、このCDが私は一番好きで、LomiLomiの間のBGMとして、よく流しています。

心身のリズムに合ったゆらぎのリズム、調和のとれたハーモニーと優しく神秘的なメロディーが繰り返されていて、気持ちのいい音によるマントラやチャンティング(詠唱)のシャワーを浴びている感じです。

LomiLomiのゆったりした、でも力強い動きともとても合っていて、施術している私も瞑想状態になってきていい気持ち・・・そして、お客様の多くは心地よい眠りにつかれることがしばしばです。「あのゆったりした音楽を聴きながら受けたいわ、とリクエストされる方もいらっしゃるほど。

Voice from  natureというタイトル通り、自然界のスピリットたちは、私たちにこんな風に調和的に、愛をもって語りかけてきているのかもしれません。そして、60兆の細胞たちが一大シンフォニー、大調和したメロディーを奏でている私たちの身体も、耳を済ませたら、こんな音が響いているのかもしれない・・・。

そんなことを思いながら、今日も施術に使わせていただいています。

眠れない夜に、心身に静かな時間をあげたいときに、おススメの1枚です。

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
こころうた
こころうた こころうた
アン・サリー

VIDEOARTS MUSIC( C)(M) 2007-07-18
売り上げランキング : 13903

Amazonで詳しく見る by G-Tools

大好きなアン・サリーのアルバムの中でも、数珠玉の作品がつまったアルバムです。

彗星のように現れ、その深く優しい歌声、新しい旋律なのになぜか懐かしいメロディーで、多くの人の心を捉えたアン・サリーは、現役のお医者様であり、2児の母でもあります。

そのなかでも、このアルバム「こころうた」は、NHKでおなじみの「のびろのびろだいすきな木」「はなのようなひと」などの名曲をはじめ、母から子へ、そして、かつてこどもだった大人たちへの、魂の子守唄がつまっています。

初めて聞いたのは、沖縄の気持ちよい風が吹き抜けるギャラリー「木創舎」さん。沖縄の初夏の風に吹かれながらアン・サリーの「そよかぜ」を聞いた時の、もやもやしていた胸の中を風と唄が気持ちよく吹き抜けていった爽やかな感覚が、今でも忘れられません。

私は100年後の地球をイメージするのが好きです。

そこは、私たち人間が自然とのコミュニケーション能力を取り戻して、生きもの達と人間達が調和の中に暮らす世界で、古くからの叡智と科学技術が組み合わさって、みんなが安心して暮らせ、子ども達の笑い声が響いています。

このアルバムを聴いていると、そんな場面をありありとイメージすることができます。

暗いニュースが続いたり、しょんぼりする出来事に出会ったときは、このアルバムを聴くと、行きたい未来、創りたい未来をイメージする力が湧いてきます。

出会えたことに感謝、の1枚です。

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
かたよらない生き方
かたよらない生き方―病気にならない免疫生活のススメ
かたよらない生き方―病気にならない免疫生活のススメ 安保 徹

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ALOHAな本の紹介のコーナーに、免疫学の本?と思われるかもしれませんが、最近の私のメガヒットALOHA本でした。

免疫学者として著名な安保徹先生が、研究者の眼を通して、バランスをとって生きることが科学的にもどれだけ大切かを分かりやすく説明してくれています。

先生の研究によると、そもそも人間の起源、私達の細胞の成り立ちそのものからして、バランスをとらずには生きていけないようにできているそうです。

解糖系生命体と呼ばれる私達のご先祖細胞は、地球にまだ酸素がない頃に生まれた細胞。それが20億年前に地球が酸素に満ちた星になっていったときに、生き残るために、酸素を使って生きるミトコンドリア系生命体を寄生させて、合体することで生き延びたそうです。

解糖系はどんどん細胞分裂をしたい細胞。でもミトコンドリア系は分裂を抑えようとする細胞。解等系は瞬発力の細胞、ミトコンドリア系は持続力。せめぎあう2つの生命体のドラマが、私達一人ひとりの、一つ一つの細胞の中で起きているといいます。

つまり若い頃は、解糖系が盛んに活動している状態、そして、70歳過ぎからは細胞分裂をせずにゆったり今ある細胞で生きるミトコンドリア系で生きる状態。

その間を生きる20代~70代は、その二つの矛盾し、せめぎあっている細胞たちのバランスをとりながら生きることを学ぶことが肝要だ安保先生は説きます。

バランス=ポノをとりながら生きることを、ハワイをはじめとするポリネシア文化では何よりも大切にしてきたそうです。あらゆる病気はそのポノが崩れたことから生じるとハワイでは考えます。

仏教でも、お釈迦様は中庸が一番大切なことを学んで悟りを開いたという話は有名ですが、科学の目で、細胞レベルから、私達の生活にポノがなぜ大切なのかを教えてくれる本書は、目からウロコでした。

ちなみに、精子は解糖系、卵子はミトコンドリア系。2つの相反する細胞が一つになることが、私達の生命の成り立ち。分かり合うのが難しい男女がそれでも惹かれあう意味、一緒に生きるヒントが垣間見られて、これまた目からウロコ。

ALOHAに生きることが幸せへの道であることを科学的に説明してくれている、安保先生のワンダフルな1冊。良若男女におススメの1冊です。

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
Living in Hawaii Style
Living in Hawaii Style Living in Hawaii Style
Alicia Bay Laurel

2001-09-04
売り上げランキング : 565756

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ロミロミ仲間でALOHA感いっぱいのお友達がハワイで教えてくれ、以来大のお気に入りのCDです。

ハワイアンミュージックを代表するスラックキーギターやウクレレの音楽スタイルと、また一味違う味をかもし出しているこのアルバムは、今のエコブームに先駆けて、70年代に倹約生活や地球に優しい生活をすることを提案した『地球の上に生きる』の著者アリシア・ベイ・ローレルが、ハワイに移住後に作ったアルバムです。

ハワイの自然を壊してしまった白人文化に属する一人として、ハワイへの心からのお詫びと愛の気持ちを歌いあげた「ハワイへの哀悼」、ハワイで慎ましくALOHAいっぱいに生きた「クララおばさん」など、真珠のように美しいナンバー溢れるCDです。

Moving  slow,laughing long,smiling the aloha smile ゆっくり動いて、長く笑って、アロハスマイルする

Everybode loves living in Hawaii style la la ハワイアンスタイルの暮らしは誰もが大好き ラ・ラ

「Living in Hawaii style」より)

ついつい急ぎ足で、もっと早く、もっと前へ、とがんばって歩きがちな私たち日本人に、ペースを落とし、自然に耳を傾けて、人生を抱きしめながら生きることを教えてくれるCD。

彼女の深く、温かい歌声が、私たちの心の深いところにハワイの風を運んでくれます。

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
Life with ALOHA. Copyright © 2010- Aina Hanau All Rights Reserved.