Home > 女神の身体 > 冷え・・・なかった 冬!!

冷え・・・なかった 冬!!

ALOHA

みなさま こんにちは。

今年の冬は、ことのほか長く、寒く、雪まみれの冬でしたが、その影響か、4月に体調をくずされたり、変調を訴える方が多かったように思います。みなさまはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は、この冬は・・・実は、冷えを感じなかった冬でしたーー(うれし泣)。

18歳くらいで、気づけばもう立派な冷え性で、冷え街道をひた走り、30で喘息を発症、病院をたらいまわしにされて抗生物質漬けとなったツケか、完全なる低体温になり、そこから始まった「冷えとり大作戦」の10年間。長すぎでしょ、と自分でも突込みを入れたくなるほど、長かったです(汗)。

それだけに、今年の冬は「わお、冷えないと、冬ってこんなに楽なんだ(泣)」と、驚きの連続でした。

今までにやってきて、効果があったであろうことを並べて見ますと・・・

《温めるシリーズ》

足湯、腰湯、目を温める、腎臓を温める、耳を引っ張る、など冷えに気づいた時に実行。冷える食べ物や飲み物は1年を通して摂らない。薬用養命酒を1日3回飲む(実はアルコール度が17度もあるんですが(汗))。四季を通じて、手ぬぐいをうまく使って汗を身体に残さない。お風呂の後身体を冷やさない(バスローブを活用&お風呂上りは夏でも麦「湯」を飲む)。サロンのハーブサウナに入る。

《動かすシリーズ》

水泳教室、骨盤周りのストレッチ教室に通う、竹踏みをする。フラを踊る。

《休めるシリーズ》

本を読む冊数を減らす、無駄に考える時間を減らす、目を休めてから寝る、自然音を聞いてぽかんとする時間を10分でもつくる、TVをみない

《整体シリーズ》

整体で身体を整えてもらう(人に力を借りる勇気を持つ(笑))。活元運動を寝る前にする。冷えとりの整体を自分でせっせと行う。整体的な食べ方や身体の使い方をする。(一番大切なのは、「食べ過ぎない」かも(笑)。食べ過ぎると、身体が冷える気がします)

《番外編》

締め付けない下着をつける、着膨れを避ける、首根っこと足首、腿周り、手首だけは、何があっても冷やさない(手袋はもちろん、肘までのものを着用)、嫌がる愛犬を抱っこしてほっこりする、明るい色の服を身につける

自分で読み返しても、涙ぐましい努力してまいりました(苦笑)。その甲斐あってか、今年は、2枚重ねの靴下も、ダウンの室内履きも、寝るときの湯たんぽも、1回か2回使っただけで、冷え知らずで身も心も温かく過せました(拍手。涙涙)。

私の結論・・・冷えとりや健やかな毎日は、1日にしてならず、身体と向き合うこと抜きにしてならず、運動なくしてならず、持続なくしてはならずです。(とほほ、ですが、事実です(苦笑))。

最初は億劫でも、少しずつ、こういうときはこうしよう、こんな風に工夫すると毎日続けられる、など、必ず自分流にカスタマイズした方法が見つかると思います。

毎日毎日、誰に頼まれるでもなく、誰に評価されるでもなく、ただ黙々とがんばっている身体に感謝&敬意を表して、自分にできる身体を整える方法を、是非探していってください。

私も、次のステップ、次のステージに上がり、42歳を迎える私がもっと自分の人生を全うできるような身体の整え方を、探求していきたいと思います(^^)

探求は続くよ、どこまでも・・・♪

ALOHA MAHALO

 

 

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

^

^