Home > 女神の旅 > mutate☆

mutate☆

SH3F0138みなさま

ALOHA こんにちは

宇宙からの贈り物で、私の友人で、野口整体を一緒に学んでいる仲間の出産に立ち会う事が出来ました☆

姉や他の友人など、出産直前までや後産などに立ち会うことは、何回かあったのですが、出産の工程全てと、いのちの誕生を見届けたのは初めてでした。

一緒にご飯を食べていた時に産気づいた彼女に、そのまま13時間付き添うことになったのですが、それは、言葉では表すことの出来ない、魔法の様な13時間でした。

定期的に押しよせるいのちの波。整体で教わったとおり、陣痛が来ると、腰椎1番に刺激が来て、徐々にその波が2番まで、3番まで、と降りていきます。頭蓋骨の頭部第4も開いてきて、腰椎4番、5番と降りてきたら出産になるのですが、彼女と赤ちゃんの織りなすリズムに、月による潮の満ちかけの波のリズムが加わります。

調べてみると、彼女が産気づいてから、次の満潮が引くまで13時間あり、先生からは明日の満潮が引いてからだなとの見たてがありました。職業柄、月の満ち欠けと出産が関係あるのは知っていましたが、干潮の時間になると、潮が引いていくように陣痛が少し治まり、すうっと潮が引くように眠ってしまう彼女の安らかな寝顔。そして、満潮の時間に近づくにつれてまた波が押しよせてくると身体も波打ってきます。

そのどこから来るとも知れない神秘的なバイオリズムのダイナミクスを、隣でつぶさに感じていると、嫌でも自分がいのち・宇宙の奏でる壮大なオーケストラの中に生きていることを実感せずには居られません。実際に生まれたのも、満潮が弾いてから20分以上経過したタイミング。

ハワイの師匠の教え通り、赤ちゃんの脈をおへそで取りながら、友人の背中を波打つ潮の流れ、月と地球の奏でる調べを、手で、指で、そして全身で感じながらの13時間。いよいよ、という時には、赤ちゃんも、お母さんの会陰が切れないように、お母さんと息を合わせて出てはまた引っ込み、もう少し出ては引っ込み・・・そして、渦巻き状のらせんを描きながら出てきた瞬間・・・。友人の泣き顔と赤ちゃんの産声。へその緒と後産の美しさ。家族の安堵と興奮。いのちの誕生を喜ぶざわめきと静けさ。IMG_08630001

私の人生の中で、こんなに宇宙を、いのちを、その流れの奇跡を感じたことはありませんでした。

実はこの体験は、昨年の9月。これを書いているのが3月なのですが、この体験を書くことができるようになるまで、半年間、自分の深いところに寝かせて、時々取り出して、消化して、昇華して・・・という時間が必要でした。そのくらいの大きな体験だったことを、いま改めて思います。

昨年、鬼才ホドロフスキー監督の「幻の」DUNEの製作過程とその偉大な挫折を描いた「ホドロフスキーのDUNE」が公開されたことは記憶に新しいですが、その中で監督は「私は人々の意識を変えてしまうような映画を作りたかった」と語っています。その「意識が変わる」の英語は「mutate」。細胞一つ一つが変異してしまい、元の自分には戻れないような、意識の変化、という意味で使っているのですが、今回の私の体験も、まさにmutateでした。

あの体験をしたことで、私の細胞一つ一つが変わってしまい、元の自分には戻れない、別の意識になってしまった体験。耳を澄まし、目を開いて、アンテナを立てて生きていると、そんな体験に、時折出会います。

この体験が、自分の人生にどのような変化をもたらし、航海の路線をどのように変えたのか、今は未知数ですが、自分の変化を楽しみながら、この変容の波に乗っていきたいと思います。

 

ALOHA MAHALO

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

^

^