Home > 女神の旅
今 瞳を閉じて・・・

CIMG1992ALOHA

みなさま こんにちは。

毎年(半年に一度?)恒例の沖縄旅。今回は石垣島にお邪魔してきました。

CIMG1876

アーユルベーダの
   オイルでぴかぴか

石垣島は、20代後半に最初に降り立った時、島から「おかえり」と言われた気がしたほど、なぜか魂レベルで懐かしい島です。以来、数え切れない位お世話になっています。

初日は、友人のお母さんが営む「ダンパチャーよせ田」(断髪屋、床屋さんのこと)で、ヘッドスパを受けました。海のように大きく温かいエネルギーのお母さんのヘッドマッサージは、本当に最高です。適度な圧で、普段凝り固まった頭を丁寧に揉み解してくださいます。そして、終わった時には、この通り!髪もぴかぴかつるつる!女性ならみんな大満足の、極上マッサージなのです。

海のようなおかあさん

海のようなおかあさん

その後は、昨年亡くなられたお祖母様のお線香をあげさせていただき、そのままお祖父様とゆんたくさせていただきました。今年93歳になられるお祖父様は、大戦中は台湾師範学校で台湾人の先生として教鞭をとられ、人種を越えて分け隔てなく生徒を可愛がられたため、戦後も台湾の方に大変慕われた方です。そして、戦後の沖縄でのご苦労、内地で小学校の先生として、教鞭をとられてこられた人生を語ってくださいました。

左でもなく、右でもない、いのちを大切にする「命どぅ宝」という「中心」の真実の大切さが身に沁みていらっしゃるお祖父様は、穏やかに今の政権や政情への不安を口にされ、もう二度と子供達に争いをさせないために何ができるか、そして、毎日自分がどう幸せに生きるかを模索し続けていらして、その言葉も、お姿も私の心の深い部分に刻まれました。どうかどうか、かじまやー(98歳のお祝い)まで、お元気でいらしてくださいね。そして、私たちにまだまだ、たくさんのことを教えてください。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小さい魚とご対面中
  近よりすぎ(汗)

2日目は私の唯一続いている趣味、ダイビング。風が強く、あいにくマンタのポイントにはいけませんでしたが、浮きも沈みもしない中性浮力の状態で青い海を漂っていると、まるで宇宙に浮かんでいるみたい。可愛い魚達にたくさん会えて、至福のときでした。

違う人生を歩いている人たちが 海を愛する心でつながります

JPの職員さん達と一緒に。
電車ネタに皆でフィーバー♪

お世話になったのは、ロコマイカイさん。ハワイ語つながりです。ガイドのしょーじさんは、普段は愉快なキャラなのですが、海に入ると、何があっても、絶対に助けてくれるという安定感と細かい気遣いで私たちを導いてくれる海の男です。また次回もよろしくお願いしまーす♪

 

して、最終日は、今回2度目になる黒島に、のんびりお邪魔させていただきました。ウミガメの産卵で有名な、真っ白い砂浜がどこまでも続くニシ浜の美しさ!誰もいないのをいいことに、波打ち際を、こどものように走る。走る。そして、琉球石灰岩の岩の日陰で、刻々と色を変える海と波を飽きることなく眺めていたら、大好きな荒井由美の「瞳を閉じて」が、ふと口ずさまれました。

CIMG1936

今 瞳を閉じて・・・

♪小さなこどもに 訊ねられたら 海の青さを もう一度伝えるために 今 瞳を閉じて

すると、何故か涙がぽろぽろぽろ・・・。切ない、うれしい、あたたかい、哀しい、でも愛しい・・・様々な感情と一緒に涙がどんどん溢れたら、心もすっかり透明になっていました。

20世紀までの沖縄、特に八重山の歴史は、台風や日照り、マラリアや厳しい課税と、苦難の連続だったと言います。自然保護か開発か、地元や内地はもちろん、世界の研究者を巻き込んでの30年の論争の末に開港した、新石垣空港は、八重山をはじめ、ネイティブの島が抱える葛藤を、象徴しています。

「南国の楽園」というイメージから、そっと一歩踏み込むと、島の人々が胸にしまっている様々な思いが伝わり、私も一緒に肝が苦しくなります(沖縄では肝で気持ちを表現します)。

でも、それでも、島に生きる人々、島を訪れる人々の心や思いを抱きとめ、癒し続けてきた海の青さへの思い、それをこどもたちに伝えたい願いは、きっとみんな同じ。21世紀に生きる私たちが、島の人々と一緒に未来を考えていくことはできるはず。そんな思いを胸に、黒島の島時間を過ごしました。

CIMG1943

ひーじゃーの親子がのんびり

沖縄の人々、特に八重山の人々は、親しくなるまで、あまり多くを語りません。そして、様々な思い、喜びも悲しみも、切なさもやるせなさも、胸にしまって、私たちに穏やかな笑顔を見せてくれます。そんな八重山の人々の深く、広い心だからこそ、訪れる人すべてに、ALOHAを教えてくれるのだと思います。

私ももっともとっと、ALOHAな心を広げて、八重山の海のようになりたいな、そう願わずにはいられません。

旅で出会った、すべてのみなさん、八重山の海、空、生き物達、おじゃましました。そして、ありがとう。

 

みなさまも、是非一度、訪れてみてくださいね。

ALOHA

 

 

Beautiful 40☆

CIMG1679-2ALOHA

みなさま こんにちは

私ごとですが、来月で40歳の1年が終わります。
私にとって40歳はとてもとても大切な意味をもつ1年でした☆

30歳を過ぎた頃、成熟より若さや可愛らしさに価値が置かれる日本で、21世紀の女性としてどうMature(成熟)していったらいいか、悩んだ時期がありました。

そんな時、親友のニコルが、カナダで行われる40歳のBIG PARTYのことを教えてくれました。

カナダでは、女性は20歳と40歳の2回、大きなPARTYをするそうです。特に40歳は20歳のPARTYと比べものにならないくらい盛大でスペシャルだとか♪

理由を聞くと

「自分の長所も欠点も、恋も仕事も、人生の酸いも甘いも一通り体験して、何が自分の幸せか、自分にとって心地好いライフスタイル、身体のケアやSEXのこともわかっている、一人前の女性にようやくなれたというお祝いよだからよ」 とのこと。

当時の私には目からウロコ☆ 新しい成熟した考えに触れてドキドキしました。

そして40歳の自分を、そんな風に祝福できるように生きてみたい、と思いました。

実際に40になった時は・・・

予想していたよりはるかに、様々な体験を経て成長した私がいました☆

40歳の誕生日は、私にその考えを教えてくれたニコルの家でホームパーティーを開いてもらい、大好きな友人達に祝福してもらいました♪

それからの1年間は、本当にスペシャルな1年間でした。年齢を重ねてきて本当によかったな、と思える瞬間が増えています。
若い頃に比べて、40歳の今の方が幸せだと思える理由として・・・CIMG0663

☆自分のありのままを受け入れて、祝福することができること

☆人生の流れを信頼できるようになったこと

☆手に入れることより手放す豊かさを知っていること

☆変化し続けることが人生だと知っていること

☆人の喜びや成功を心から祝福できること

☆自分に似合うライフスタイルやオシャレを楽しめること、でも冒険も楽しめること

☆心からやりたいことだけを選択することができるようになったこと

☆人生のパラドクス(逆説)を楽しむ余裕ができたこと

☆女性であることを、あらゆる面で楽しめること

この1年を振り返りながら、41歳になったらやりたいこと、60歳までにやりたいことなどを書き出したりしていると、年齢を重ねるっていいなあと、うっとりします。

心身とALOHAをピカピカに磨いて、ご一緒に贅沢に年齢を重ねていきましょう♪

ALOHA MAHALO

フラ イズ ワンダフル♪
SH3F0446

素敵なフラダンサーに
メロメロ(>v <)

ALOHA
みなさま  こんにちは

今日はお客様でもあり、友人でもあるHさんの出演するフラのホイケ(発表会)に行ってきました。

もともとハワイアンミュージックもフラも大好きなのですが、今日は大好きなHさんの初舞台と言うこともあり、格別幸せALOHA時間でした~♪

まだフラを始めて1年とは思えない、腰が入った踊りはもちろん、輝くような笑顔で踊るHさんに、きゃーきゃーきゃーと目をハートにして大フィーバー(笑)☆

年齢や体型、容姿の美醜は全く関係なく、自然の植物で身体を綺麗に飾り、ALOHAを踊るのが幸せで仕方ないと言う笑顔が、踊る人はもちろん、観る人も輝かせるフラ・・・いつ見ても幸せです♪ メリモナークのような本格的なフェスティバルももちろん鳥肌ものに素晴らしいけれど、こうしたアットホームなホイケが好きです。

フラはもともとは自然の神様と一体になり、感謝を捧げる古代フラ(カヒコ)が原型で、今よく知られる現代フラ(アウアナ)は、米国人の観光客向けのエンターテイメントとして始まったものです。そのため、古代フラこそが本当のフラの真髄だ、という人もいます。

けれど、現代フラも、これだけ世界中から愛されているのは、やはり訪れるすべての人にALOHAを教えてくれるハワイのスピリットが、そこに宿っているからだと思います。SH3F0443

普段はストイックで真面目な社会に生きる日本人の、とびきりの笑顔が見られるフラ。

いつか人類がもう少し平和な社会を作ることができるようになって、フラを踊るように人生を生きることができたら・・・そんな夢を膨らませながら、とびきりのALOHA時間を過ごすことができました。

Hさんの教室に誘っていただいています。手足が無意味に長く、ぎくしゃくした動きで知られるMOMOに踊れるでしょうか??(笑)

Hさん、本当にありがとう & みなさんお疲れ様でした。

出演者みなさんにALOHAをたくさん送りま~す☆

ALOHA MAHALO

 

いとしの小さなOHANAの誕生日♪

IMG_0436みなさま

ALOHA こんにちは。

この5月で、うちの小さな愛しいOHANA(家族)のメイ(パピヨン♀)が17歳を迎えました\(^^)/

Hau`oli la hanau(お誕生日おめでとう)!

リンゴが健康の元と信じている父が毎日リンゴを与えたためか、私の毎日の「大好き、ありがとう」HUGとマッサージが効いたのか(かなり本人は迷惑そう)、はたまた、猫のように自由気ままな性格のためか(多分これが一番)、17歳の今も、ぴんぴん元気に走り回っています。

こどものいない叔母がずっとこどもとして犬を何匹も育ててきたため、私は物心付いた時から一緒に遊んでいたポメラニアンのチャッピーを、本当の従姉妹だと思って育ちました。

何故か人間に気を許してくれたオオカミが、人間と暮らすようになってから、気の遠くなるような年月が経っており、一説には数万年とも、もっと長いとも言われています。

異種の生き物がパートナーシップを組んで一緒に暮らし、進化してきたという稀有な関係の中で、お互いに得たもの、失ったものがあるといいます。例えば、人間は、番犬であり猟犬の犬と暮らすことで嗅覚や視覚のある部分を退化させ、犬は捕食者としての狩りの能力や牙が退化したとか。でも得たものはお互いに莫大な宝物 ー 相互信頼と安心安全だったと言います。

なかでも、人間が犬に教えられたことは、無償の愛情ではないか、と米国人作家ジェフリー・M・マッソン氏は著書「ヒトはイヌのおかげで人間になった」で語ります。見た目やお金をもっているか否か、障害の有無や、機嫌などに関係なく、尻尾を振り、変わらぬ愛情を示し、最期まで友人でいようとします。その在り方を、私たち人類は学んだのではないか、と言う研究者が最近何人も現れています。

だとしたら、本当に納得☆人間は知能とハートのバランスが、とてもアンバランスな進化を遂げてしまいました。そんな私たちの多くが、ハチ公の話をはじめとする、忠犬の話に涙するのは、犬達の無償の愛に支えられ、生き延びてきた私たちの、そんな犬達への憧れの感情が刷り込まれているからではないかしら、なんて思います。

犬とはじめとするパートナーアニマル、一定の距離を尊重して同じ地球に生きているすべての生き物はOHANA(最近は蛇もげじげじも入りました(^^;))なんだなと感じる時、孤独感や不安から解き放たれ、とても大きなALOHAな気持ちになることができます。

これを書いている今も、17歳までOHANAとして暮らしてきたメイの、安らかで大胆ないびきを聴きながら、とてもとてもPEACEFULでALOHAな気持ちでいっぱいです。

ありがとう。メイ。ずっと、仲良しでいようね。最期の日までずっと愛してるからね。

ALOHA MAHALO

ヒトはイヌのおかげで人間になった ヒトはイヌのおかげで人間になった
ジェフリー・M・マッソン 桃井緑美子

飛鳥新社 2012-11-23
売り上げランキング : 270754

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 

AINA*HANAU5周年♪ALOHA*MAHALO

kumakuma 009みなさま

ALOHA こんにちは。

おかげさまで、この度、AINA*HANAUは5周年を迎えました♪ご縁のあったすべてのみなさまに感謝でいっぱいです\(*^v^*)/

初めてロミロミの世界に出会ったときの感動を、今でもはっきり覚えています。小さい頃からずっと、生きることって何だろう、いのちってなんだろう、と自問自答してきたのですが、ハワイの世界観…心身魂・世界がALOHAで繋がった生命の世界観、そのバランスを取り戻すためのマッサージであるロミロミに出会ったときの喜びといったらありませんでした☆

最初は家族・友達ベースで、そして友達が大切な人たちを紹介してくださるようになって、少しずつひろがって、気付けば5年目を迎えることができました。

3歳から85歳まで、本当にたくさんの素敵な女性たち、妊婦さん、産後のママ、子育て中の女性達、リフレの生徒さんたちとALOHAな時間を共有でき、身体という小宇宙について、女性の素晴らしさについて、真の癒しについて、学び、体験し、享受することができたこと・・・なんてありがたく、素晴らしい時間だったのかしら、としみじみ思い返します。

私の大好きな教育改革者の、故林竹二先生が、その著作の中で「教育というものは、教師の力で子どもを変えることじゃないんです。子どもの中には生命があって、生命というものはふだんに自分を成長させ、自分を変化させる力があるわけですね、そういう力を用意することが教育なんですね。力づくで何とかかっこうをつけるというのは教育ではないんです」とおっしゃっています。

最近、それをそのまま施術者と心身のバランスを取り戻しにこられるお客様との関係に、当てはめることができるんだなと気づきました。

「癒し(治癒)というものは、施術者の力で身体を変化させることではないんです。一人ひとりの身体の中には生命があって、生命というものはふだんに自分を成長させて、自分を変化させる力があるわけなんですね。そういう力が働く場所を用意することが癒しなんですね。」

いらしてくださる皆さんと一緒に、生命の力が働く場をつくっていくこと・・・そんなことを目指して、AINA*HANAUの6年目をスタートさせたいなと思います☆

みなさま 本当に本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします☆

MAHALO

 

 

 

 

 

私の至福 みつけた

CIMG1217Aloha

みなさま こんにちは。

最近、お客様のご要望により、ヒーリングリフレクソロジーやヘッド&フェイシャルマッサージの講習会を開く機会が増えました。先日も、沖縄のお客様だった方からのご要望があり、ヒーリングリフレクソロジー講座をしに沖縄にいく機会をいただきました。

私の講座の進め方は、師匠のインフィニ先生のやり方に倣い、その方のペースに合わせて受講日を決めていくのですが、今回は出張での講座なので、5日間の集中講座となりました。そしてその最終日に、私にとって奇跡のような体験をさせてもらいました。

もともと、勘もよく、ヒーリングやボディワークに向いた体質ということもあり、技術や知識を確実に身につけて、着々と上手になっていったSちゃん。でも、ヒーリングリフレクソロジーで一番大切にしている、「自分自身が宇宙になってしまった深い 『快』 の状態で、相手の宇宙とつながる」 という感覚が、掴みきれずに、模索していました。

どのボディワークも同じですが、特に足に触れる施術は、つながるところ、チャネルを間違えてしまうと、施術者自身が疲れてしまうので、どことどこでつながるかを意識して、その感覚を体得することはとても大切なポイントになるからです。

ところが!最終日の講座の最後の瞬間、彼女自身でその感覚を体得、そして、試験の際には、明らかに彼女の手が 『感じる手』『いのちの触れる手』 に変わったのが分かる、受け手の細胞1つ1つが喜ぶような、素晴らしい施術を見せてくれました♪

これは、私にとっても、画期的な体験で、まさに深いJOY(至福)の体験でした。

自分が体験をシェアした相手が、自分をはるかに超える素晴らしい施術者になっていくことを予感させる変容を見せてくれたこと。

私たちとまた違うポテンシャルをもった、若い世代の苗床になるという栄光に浴することができたこと。

私にとって、これ以上の喜びはないなと思いました!

私がヒーリングリフレクソロジーの講座を通して伝えたいのは、sense of wonder に満ちた身体という小宇宙に触れる「いのちの触れ方」 と、いのちが触れ合っている時の、根源的で、至福の感覚だということを、今回明確に気が付かせてもらいました。

Sちゃん、これからも、その素晴らしい手で、たくさんの人のいのちと触れ合って、いのちのダンスを踊っていってくださいね。

そして、素晴らしい時間、体験、気づきをありがとう。感謝でいっぱいですー!!

みなさんも機会があったら、ヒーリングリフレクソロジー講座で、いのちの触れ方を一緒に体験して行きましょう。

ALOHA MAHALO

(愛をこめて ありがとう)

 

 

かに座の女

kaniみなさま

ALOHA こんにちは。

東京で最もびゅうびゅうと寒気が吹き荒れていた頃、沖縄にてヒーリングリフレクソロジー講座をしてまいりました。

初日は半そででOKでしたが、やはり沖縄にも寒気が入ってきて、意外と寒かったですが、南国ムードたっぷりの沖縄で5日間の集中講座、そして、2日間のオフを過ごし、200%充電して帰ってまいりました。

今回の集中講座は、自分が目指してきたもの、これから目指していくもののピントが合い、エポックメーキングな時間となり(詳細は次回で(^^))、夜は仲良しの友人達とゆっくりゆんたく、そして、最終日は大好きな知念の海岸に行き、海風にのんびり吹かれると言う、なんとも贅沢な充電タイムを過すことができました。

私はかに座の性質をそのまま生きているところがあり、特に同じかに座でもある、今をときめく石井ゆかりさんの占いを読むと、「なんで私のことそんなに知ってるんですか(汗)」 というくらいの かに座人間。他の星座の人が覗いたら驚いてしまうほどの感情や情動を甲羅の中に抱え、自分の甲羅の中に入ってきた大切な人たちをいのちがけで護る、小さな、そしてどこかこっけいな生き物の性質を、そのまま生きています(笑)

そのためか、私は水辺が大好きです。ダイビングなどで、深い海に潜るの好きですが、一番落ち着くのは、波が優しく寄せては返す波打ち際。特に沖縄の琉球石灰岩に囲まれた浜辺の一角に落ち着ける場所を見つけたら、もうしばらく何があっても動きません(笑)

水の世界と地上の世界の狭間で、寄せて返す波にゆられながら、絶え間なく両方の世界の豊かな情報のつまった砂を食み、それを滋養にして生きている小動物。そして、海と陸の両方から訪れる人との出逢いを楽しみに待っている かにの性質。

自分の根源に触れ、そこから溢れてくる泉にとっぷりと浸かるような、うっとり時間を過ごせるのは、知念の琉球石灰岩に囲まれた海岸なのです。

人は、そんな場所が世界に1箇所あれば、豊かに生きていける生き物かもしれませんね。

ALOHAの充電完了!の8日間でした。

沖縄の海風がくれたALOHAを、皆さんにたくさんシェアできたらと思います。

遊びにいらしてくださいね♪

 

ALOHA MAHALO

 

 

 

 

 

 

 

 

AINA*HANAUの2013年は・・・

CIMG1119みなさま
ALOHA あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします♪

日本人の多くの方がそうしているように、私も1年の終わりに自分の仕事や在り方を振り返り、新しい年はどんな風に過していこうか、想いをはせます。

特に、自分ひとりで活動してるので、定期的に、ロミロミについて、施術者としての自分の在り方について、棚卸しをすることは、とても大切な作業となります。

しかし、実は年末も年末に、ついに人生初のぎっくり腰になってしまったこともあり(泣 Sさんご夫妻にはご迷惑をおかけしました(^^;))、この年末年始は大掃除よりもまず、大好きな本やビデオを読み返したり、観直したり、自分に滋養を与えることから始めました(笑)

人にはそれぞれ、何回読み返してもいつも元気になる本、新しい発見がある本、エネルギーをもらえる本があると思いますが、私の場合は、下記の2冊です。(ALOHAな本・CDのコーナーで紹介しています)

うっとりするからだ―おとなの女のキレイを磨く年齢をかさねる贅沢

「うっとりするからだ」   「年齢をかさねる贅沢」

もう手にして10年以上経つのに、この本達のどこがそんなに、私にとって魅力的なのかを、大好きな紅茶とドライフルーツをぱくつきながら、何気なく書き出してみました。

・外側に大きく広がる感じと、内側に光が差し込む感じがする。
・乾いた部分が内側から潤ってくる感じがする。
・自分に対してノージャッジで心地よい感覚になる。
・自身や自尊感情が自然と湧いてくる感じがする。
・「変わらなきゃ」ではなく、「自分のポテンシャルをもっと引き出したい」と自然に思える。
・魅力ある、素敵な女性として生きる喜びやメリットを教えてくれる。
・年齢を超えて、生命体として、いつまでもみずみずしく生きることができると教えてくれる。
・自分のために、身体や知性、感性を磨くべく、ちょっと頑張れる自分を誇らしく思える。

そうそう!それなの!!と書きながら、思わず一人で大興奮(笑)!

AINA*HANAUに来て施術を受けてくれたお客様が、こんな感じを覚えるような施術・ロミロミ。

それをヒントに色々な工夫をしながら、2013年はロミロミをしていきたいのですー♪と、いきなり方向性がはっきりして、とても心弾む2013年の幕開けとなりました。

今年もどうぞよろしくお願いします♪

ALOHA MAHALO

(愛をこめて ありがとう)

 

 

ALOHAの充電してきました

ALOHA
みなさま こんにちは

先週は仲良しの結婚祝いと、自分へのお誕生祝いを兼ねて、またまた沖縄に行ってきました。

私にとって、Hawaiiと同じくらい自分がALOHAになれる場所、が沖縄です。
沖縄から帰り、4日経ちましたが、まだまだ沖縄のエネルギーが残り、身体の芯からポカポカしています。

まずは本島で仲良しの友人と美味しいものを食べながらゆんたく。その後は久しぶりに石垣島や竹富島をゆっくり周りました。

人間の勢いを遥かに凌ぎ、のしかかってくるような原生林のエネルギー…
宇宙の胎内のような、どこまでも透き通ったコバルトブルーの海…
アジアから渡って来る、チムドンドン(胸がワクワク、ぎゅうっとするような、の沖縄語)な風…
人間を寄せつけない原始の森の中に感じる、多種多様な生き物たちのBIOSの気配…

人間が地球の主人公ではないことを感じさせてくれる沖縄の自然に、私は圧倒的な歓喜を覚えます。

自然のスピリットと次元を超えての交信ができる気がして、どう生きて、何をクリエイトしたらいいのかが見えてきます。

また、沖縄、特に八重山の人々は、何重にも渡る支配、戦争、飢饉を乗り越え、それでも歌と踊りで生きてきた人々なので心底優しいです。

そして、どこか生と死を達観していて、人生に成し遂げ「なくてはならない」ことも、成功も失敗もないこと、人生は多次元であることを教えてくれます。

Hawaiiや沖縄で感じるALOHAのエネルギーを、自分がいる場所につくり出すこと、自分自身がそんなエネルギーに近づくこと…

それが私の楽園づくりだなと再確認した旅でした。

あ今日からまたALOHAフルでLomiLomiです!

よろしくお願いします。

ALOHA MAHALO

(愛をこめて ありがとう)

 

不思議な至福体験 ALOHAな午後

ALOHA
みなさま こんにちは。

今日はとても素敵な至福体験をしました。

AINA*HANAUのロミロミにずっと通ってきてくれていたYちゃんがめでたく第3子を出産され、先日から産後のケアユーファイを施術しに通っています。
今日は、ユーファイの後、ご実家からいらしているお母様もロミロミを受けられたのですが、Yちゃんもうとうと、赤ちゃんはすやすや、施術中のお母様も寝息を立てられていて、親子3代と、なんとも平和でALOHAな時間を過ごせました。

その流れもあったのでしょう、帰り道は、程よい肉体の疲れと、この上ない幸福感で電車に乗っていたのですが、そこに20人くらいの下校中の小学生が乗り込んできた時に、その不思議体験が起きました。

わあっと子ども達のエネルギーに満たされた電車。お下げをしておしゃべりに夢中な女の子達。その隣には、中学生のおしゃれなお姉さん達、若い子連れのママ達、不惑を迎える私、そして50代の方、初老の方と、各年代が一斉に一つの空間に揃っているのを見ているうちに、魔法にかかったように、時間が止まった空間に自分がいるのを感じたのです。

その時間のない車内で、一緒に乗り合わせた人たちが共に、永遠の命の輪舞曲を踊っているような…

自分が永遠につながれた生命の環1粒、キラキラしたかけらであるような…

みんなのいのちの花を乗せた時間のない車両の外を、時間が、風景と共に流れているような…

そんな感覚と、至福感に圧倒されて、しばし恍惚としてしまいました。

ホームに着いて、地下街で買い物をする頃には、少し日常の感覚が戻ってきましたが、すれ違う人みんなにALOHAと言って微笑みかけたいような(ハワイではみんながそうするように)、愛の衝動にかられました(笑)

ハワイの考え方は、生きとし生けるもの、自然現象も、全てがalohaでつながった家族で、この世界は一つの有機体であるというもので、実際に生命力溢れ、誰もがalohaなハワイにいると、そのことを実感しやすいのですが、東京にいても、いま、この瞬間にも、自分のことや人のことでついついいっぱいになりがちな頭を少し空っぽにして、心の眼を、耳を澄ますと、alohaな世界は、いつでも扉を開いて待っていてくれている・・・
そんなことを実感した午後でした。

全てのものに感謝です。

ALOHA MAHALO

(愛をこめて ありがとう)

 

Life with ALOHA. Copyright © 2010- Aina Hanau All Rights Reserved.