Home > 女神の旅
「大好き」の魔法

ご縁があって、沖縄でもLomiLomiのお仕事やイベントをさせていただくようになって、1年が過ぎました。

もともと大好きな土地ではあったのですが、ご縁が深くなるにつれ、沖縄の空、海、山、畑はもちろん、Okinawanリズムで生きる素敵な人々との出会いが、私の心身をほぐしてくれ、ALOHAエネルギーをフルまで充電してくれます。

そんな大好きな沖縄の友人の中でも、とびきりALOHAな人と言えば、「クリちゃん」。

くりくりした目をキラキラさせて、惜しみない愛を、どこか気が抜けるほっこりテンポで、周りの人々に与えてくれる、沖縄の天使のような人です。

使う言葉一つ一つに愛がこもるように、相手に愛が伝わるように、気を配っている (もうくりちゃんには、それが習慣なのだけれど) くりちゃんのとっておきの口癖は「私が大好きな○○なのよ」。

「私の大好きな○○さんです」 とか、「これさ、私が大好きな○○なんだけどさ、大好きなMOMOちゃんにあげたくてさ~」 と惜しみなく大好きのシャワーを浴びせてくれます。

クリちゃんに大好き、と言われた人も、モノも、一瞬でぱっと表情が輝き、キラキラ光り始めて自信を持って行動できるようになります。くりちゃんは愛の魔術師のようです。

「いい」「綺麗」「素敵」なども、いい波動の言葉ですが、ともすると、判断や評価のニュアンスが入ってしまうことが。

でも、自分のハートから素直にあふれ出てくる気持ちをダイレクトに表した 「大好き」 は、発している本人も、周りも幸せにしてくれる純粋な愛の言葉、ALOHAな言葉であることを、くりちゃんに教えてもらいました。

私も、大好きな人やモノに、惜しみなく 「大好き」 のシャワーを降らせて、自分の周りを大好きでいっぱいにしていく計画、実施中です。言われた皆さん、どうか照れずに受け取ってくださいね~♪

ALOHA*MAHALO (愛を込めて ありがとう)

気功IN里山

ALOHA

みなさん こんにちは。

いよいよ秋めいてきましたが、みなさんはどんな秋を楽しんでいますか。

先日、いつも習っている気功教室で、里山で気功をするという素敵な企画があり、参加してきました。

あきる野市にある里山 「横沢入」 は、駅を降りて徒歩20分のところに、突然ぽっかりその入り口が現れて、私達を迎えてくれます。

更に奥へと進むと・・・21世紀の東京とは思われない、自然と人間が共生する智慧を出し合い、調和して生きていた昔にタイムスリップしたような空間が広がっています。

小鳥たちのさえずり、どこかから聞こえる小川のせせらぎ、風が草木をゆする音、虫達の唄、ミツバチの羽音、目には見えない微生物達の息遣い・・・。そして、遠くに聞こえる子供達の笑い声。

そんな中で気功をしていると、自分がそのBIOの世界に溶け込んでしまう感覚、そして自分がとても大きなものの一部であることを感じ、言葉には言い表しがたい、深い幸福感を味わうことができました。

ハワイをはじめとする、自然とともに生きることを選んできた文明の人々が大切にしてきた、全ての存在との一体感、そこにある真の幸福感・・・

ALOHAの真髄を一瞬でも感じることができた時間でした。

「横沢入」 は、地元の皆さんをはじめここを愛する人々が、ALOHAを込めて、自然の声を聞きながら管理されている場所と聞きました。

そんな想いが伝わる美しい里山での幸福時間は、まさに「ALOHAをみつけた」時間となりました。

ALOHA*MAHALO(愛をこめて ありがとう)

ALOHAの魔法

ALOHA

みなさん こんにちは。

今日はALOHAのお話です。

私を含めたハワイファンそして、ハワイファンでなくても、その響きに魅了されてしまうALOHAという言葉。そもそもALOHAってなんだろう、と思われる方も多いと思います。

そこには、とても深い意味とマナがこもっていると言われています。

ハワイは文字を持たない口伝の文化だったのですが、その分、ハワイ語には音の一つ一つに実に深い意味があり、「ALOHA」 にも様々な深い意味があるそうです。

例えば、「Alo」は「共有する」、「ha」は「息」、つまり息を共有するという意味になります。

自分が愛に満ちた息をしているのか、怒りなどのネガティブな息をしているのか、どんな世界を周りの人々と共有しようとしているのか・・・それがとても大切だとハワイの人々は考えてきたそうです。

また、それぞれの頭文字にも、意味があるといわれています。私のバイブルとも言える、大好きな本 『ハワイアンリラックスー生きる喜びの処方箋』 によると・・・

A=アカハイ(優しさ) L=ロカヒ(調和) O=オルオル(快活さ、人当たりのよさ)

H=ハアハア(謙虚さ) A=アホヌイ(忍耐強さ)

のそれぞれの頭文字を合わせてALOHA、つまりこの5つの要素を併せ持った生き方がALOHAであるといいます。

ALOHAは 「愛」 と同義語として理解されることもありますが、 「愛」 と言うと、言葉のもつイメージが広すぎて、どう実践していいのか正直戸惑ってしまうことがあります。

でも 「ALOHAの5つの要素を実践する」 というと、なんとなく具体的にイメージしやすく、また、周りの人や物事に対する自分の態度や行動が、ALOHAであるかどうかを、5つの角度から考察することがき、よりALOHAに近い選択ができる気がします。

ハワイの人たちにとって、ALOHAは、理想的な観念で終わるものはなく、一生を通して実践していくものだったんですね。

以前はハワイに行く度に、ALOHAを感じたり、ALOHAをもらいに行っていた気がします。ハワイに行かないとALOHA切れになったような感じがしたり・・・。

でも、 「ALOHAは実践するもの」 と気がついてから、東京にいても、嬉しいときも、悲しい時すらも、ハワイがより身近に感じられるようになり、日常の中でALOHAな状態でいられる時間が増えていっているような気がします。

私の人生を少しずつ、でも確実に楽園に変えてくれているALOHAの魔法。

次にハワイに行くときは、ALOHAを感じるだけではなく、 「ALOHAを生きる」 ことを教えてくれたハワイに感謝を伝えに行きたいと思っています。

ALOHA*MAHALO(愛を込めて ありがとう)

ALOHA Massage LomiLomiとの出会い

どうしてハワイのマッサージ、LomiLomiを選んだの?と、よくみなさんに聞かれます。LomiLomiとの出会いのことを考えると、運命としかいいようのない不思議な力を感じます。

私が身体をケアする仕事をしたいと思い始めたのは、保育園に勤務していた頃のことです。

子育てに、仕事に、家事に、分刻みで奮闘するお母さん達のからだは、本当に毎日フル回転。

肩も背中も腰も腕もかちこちにかたまった身体で、お母さん達はそれでも笑顔で子育てをがんばっています。

おかあさんたちの身体がほぐれたら、もっと子育ても、人生も、肩の力の抜いてENJOYできるんじゃないかしら・・・ある日、頑張り屋さんのお母さんの肩を何気なくマッサージしたとき、お母さんがぽろぽろ涙を流して「ああ、なんだか楽になったあ」と、笑顔で言ってくれたのをきっかけに、そんな思いが日に日に強くなっていきました。

いつしか私の足は、本屋さんの保育や教育、心理のコーナーから、ボディワークやマッサージ、呼吸法などのコーナーへと向くようになり、ある日大好きなエッセイストの廣瀬裕子さんの「ALOHAを見つけに」という素敵な本に出会いました。

ALOHAという言葉はもちろん知っていましたが、この本を読み、ALOHAという言葉の持つ奥深さ、ハワイの人々がどんなにALOHAを大切に生きているかということを知り驚き、これだ!という出会いを感じました。

読み終わって、何度もALOHA、ALOHA・・・と声に出してつぶやいてみると、自分の中にふわーっと光が広がり、自分の中の硬い部分が溶けて行くような感触を覚え、以来すっかりハワイのALOHAスピリットに魅了されてしまったのでした。

この感覚を子育てでがんばっているお母さん達に、がんばっている全ての人たちに、是非味わってもらいたい!

ALOHAスピリットとLomiLomiマッサージを学びにハワイに行こうと決心しました。

するとほどなく、導かれるように、デーン・シルバ先生の主催されるハワイ島の“LongLifeLomiLomi”に出会うことができ、私のLomiLomiライフが始まったのです。

以来、毎年ハワイ島に飛び大好きなクム(師匠の意味)、デーン・シルバ先生を訪れ、修行させていただいています。

身体に関することはもちろん、心のこと、スピリットのこと、薬草のこと、私たちが生きている世界のこと…LomiLomiの世界は本当に奥が深くて、学びの道は果てしなく続きます。

でも、一生こつこつ、楽しみながら勉強し続けて行けたらいいなあ…と思わせてくれるLomiLomiの世界、その出会いに日々感謝しながら学び続けられるLomiLomiの世界に、今も夢中です

Life with ALOHA. Copyright © 2010- Aina Hanau All Rights Reserved.