Home > 女神の身体
感じる♪竹踏み
  まさに竹を割った 内臓まで刺激する   心憎いあいつ

まさに竹を割った
    内臓まで刺激する
     心憎い竹踏み君

皆様

ALOHA こんにちは。

その出逢いは、いきなりやってきました。そして、毎日私と15分間の逢瀬を重ねる、爽やかで、質実剛健で、竹を割ったようなあいつ(年齢不詳)。「竹踏み君」と出逢い、すっかりはまっています(笑)

昨年末のぎっくり腰以来、定期的にお世話になっている整骨院の先生方に「MOMOさんの身体の硬さの原因の一つは、足裏のアーチの硬さにあるかもしれない。竹踏みとか、いかがですか?」と言っていただいたのが、そもそもの始まりでした。いつからあるか思い出せない、実家の古ぼけた埃だらけの竹踏みを引っ張り出して、乗ってみると・・・ぎょええーーーっ、なんですかこれはーーーっと思わず声が出るほどの痛みでした(^^;)

リフレを施術したり、リフレの講座で足裏の大切さを教えたり、また日々お風呂でセルフマッサージをしている私でしたが、うん十年ぶりに、全身の体重をかけて竹に乗った時の刺激といったら!!強烈でした。

仲間の声援を受けて
    竹踏みするメル
  羊に土踏まずないのに・・・

竹の盛り上がりに土踏まずを乗せ全体重を預けると、内臓にずうんと響く感覚があります。全内臓といきなり回路がつながったような感覚を味わいながら、とにかく、一歩一歩を、ゆっくり、じんわり、味わいながらの竹踏み。

この、自分の根源に触れるような、自分の動物感覚が甦るような感覚はなんなんだろう・・・。衝撃的な出逢いでした。

そもそも、土踏まずは、私たちの祖先が気の遠くなる昔に、二足歩行を始め、身体をいまのような直立の姿勢が取れるように改造してきたことで生まれてきた、いわゆる、人間の証でもある部位。私たちは、足底の、土踏まず以外のポイントでバランスよく体重を支えることで、二足歩行を完成させて、それがこの重い大脳を支えることができた、とされています(類人猿にも、ハイハイの月齢の赤ちゃんにも土踏まずはまだありません)。

また、アーチ、いわゆる土踏まずの部位は、胃腸、腎臓、肝臓といった、人間の主要な内臓のゾーンが集中している場所でもあります。

故三木成夫先生の提唱された「内臓感覚」、生き物としての、生のいのちの感覚のようなものが、このゾーンを自分の等身大の体重で刺激し、その感覚を傾聴しているうちに、生々しく、みずみずしく甦ってくるような気さえしてきて、ぞくぞくします。

なまこや蛇を見ていると、生き物の成り立ちが消化管から始まることを実感するわけですが、蛇を見たときのようなエモイワレヌぞくぞく感、脊柱がぶるぶるっとくるようなBIOSな感じ、そんなものが、自分の身体の中に息づき、うごめいているなんて、なんて、センス オブ ワンダーなんだ(泣)・・・なんてことを考えながらの竹を踏む女子。

効果の程は・・・これまたテキメン。こちらはまた、続報でお知らせします。お楽しみに(^^)

ALOHA MAHALO

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
葉山で活元体験☆してきました

kumakuma 026みなさま

ALOHA こんにちは。

冬らしい日が続いていますが、みなさまお元気ですか。もうすぐ、立春ですから、冬もあと少しですね。

昨日、藤田一照老師に坐禅指導をいただいている葉山の山荘にて、山田先生による野口整体の活元のワークショップと、個人指導をしていただけるとのことで、いそいそと出かけてまいりました。

野口整体は、故野口晴哉さんが体系化したもので、いまや若い女性にも人気の整体の一つですが、一人ひとりの身体を、一つの宇宙、有機体の運動とみる、現代では主流となってきたホリスティックな身体の観かたの、まさに先駆け的な存在です。

私をボディワークの世界に導いてくれたきっかけ「うっとりするからだ」の著者で整体師の寺門琢己先生も、野口整体の出身で、それをオシャレに、入りやすくしてくれた方です。

活元は、身体本来の自然な動きやエネルギーが、現代の自然からかけ離れた暮らしや、何かの拍子で滞ってしまったのを、一度頭をお休みにして身体モードに入り、裡(うち)から自然に出てくる動きに任せて解放するというものです。

私の友人でイスタンブールに住んでいるFilizちゃんは、活元のワークショップにでたら、身体の動きが始まって、その動きを楽しんでいるうちに、ダンスに行き着いたと言う経歴の持ち主。海外でも着実に評価されつつあるボディワークです。Exif_JPEG_PICTURE

とはいえ、実は私は、人前で何かをするのがとてもとても苦手。小さい頃から全てに不器用で、何事も習得するのに時間がかかるタイプなので、4年前、最初に活元を体験したときは、どうしていいか分からず完全なる地蔵になってしまいました(笑)。

二回目ということもあり、「活元の動きが出てもいいし、出なくてもいいのだ。Take it easy!!でいくのだ!」 と自分を励まして参加しました。

当日は、案の定、「微細に動く地蔵」というところでしたが(笑)、活元の時間中、身体とゆっくり対話でき、身体のなかに、もっともっと自由に開放されたい野生のエネルギーが脈打っていて、私とダンスするのを待っている・・・そんなことを感じることが出来ました。

今回は、活元のやり方を丁寧に指導していただいたので、家で焦らずにやってみようと思いました。

活元の考え方は、ソマティックサイコロジーの創始者である、ピーター・リバイン博士の理論と実践- トラウマは、身体の中のエネルギーが、無理やり大脳を使って押さえ込んだために身体に残ってしまった状態と捉え、からだのフェルトセンス(ありのままを感じる感覚)を通じて、身体に残ったエネルギーを解放する - にとても近いものがあり、私も40になったのを境に、ここらで一度、からだの中にスタックしたエネルギーを解放して、後半生は、もっともっと自由になって、内側から溢れる生命エネルギーとダンスしながら生きたいなと思いました。

野口整体にご興味のある方は、こちらがオススメです。良かったら、是非、覗いてみて下さい。

みんなのからだ―いっしょにできる114の体操整体入門 (ちくま文庫)

 

 

 

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
もうやめられない 冷えの救世主☆
SH3F0375

メルちゃんにはデカイ       ざんすね(^^;)

みなさま

ALOHA こんにちは

久しぶりにALOHAな身体のコーナーを更新しました♪

というのも、一昨年から昨年にかけて、四季ごとの過し方をご紹介した、その通りに身体をケアしているからです(笑 言い訳ではなく(^^;))。今は花粉症予防の甜茶を始めている季節です。

繰り返すこと自体に結構意味があって、四季折々という自然界の大きなバイオリズムと自分の身体のそれに対する反応を照らし合わせて、微調整しながら意識的に繰り返すことで、自分なりの四季折々の楽譜、海で言うと潮見表のようなものが出来上がってきている気がします。

とはいえ、今回ご紹介したいのは、冷え性の方必見のグッズ!私が涙を流して喜んだ、エクセレントな室内履きです♪ 紹介せずにいらりょーか(興奮)!

知る人ぞ知る、ダウン素材で膝下をすっぽり包んでしまう室内履き。(我が家の通称、ガンダム靴下)

今までも、足元だけのダウン素材の室内履きはあったのですが、何せ冷え性の人は腎臓や子宮周りも冷えていることが多いので、腎臓に対応しているふくらはぎ、そして、子宮に対応している足首を、すっぽり包むデザインにしたところが、花丸なのでございます!

これをいち早く11月から履いているのですが、この寒い冬にも関わらず、足先の冷え感ゼロ!しもやけゼロ!スバラシイ(泣) 冷えがないと冬って、こんなに過しやすかったのね、と実感しています。

中はこんな感じであたたかです

中はこんな感じで
あたたかです

「身体は鍛えろ」派の体育会系の父に 「もうお前、そんなものを履くようになったら、日本には住めないな」と国外退去を宣言されましたが、なんとでも言ってくださいまし。

この効果は何ものにも変えがたいのであります。

姉のお友達で超冷え性という方にオススメしてみたところ、早速購入して「超あったかい(涙)」 と、効果を実感されたとの感想をいただきました。また、「ああ!私も持っているー」 というお客様とも、あったかいよね、あったかよね、と大共感。

帰宅してから布団に入るまで、そして、朝起きてから家を出るまで・・・お台所に立とうが、ベランダに出ようが(無理やりこのまま外履きを履く)、冷え知らず。

冷えが進入しないため、循環も良くなっているのか、例年悩まされる冬の肩こりが激減です。

特にお風呂上りに、水分をふき取ってすぐに履くことがポイント。

ということで、冷えに悩んでいるみなさん、是非!!お試し下さい。

(ちなみに、ワタクシは生協で購入しました。回し者ではない・・・はず。)

ALOHA MAHALO

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
坐禅的ストレッチ??でぽかぽかに

ALOHA

みなさま こんにちは。

葉山の山寺での坐禅会に参加してきました。

サンフランシスコ禅センターの所長の一照さんの坐禅会は、「調身」「調息」「調心」の中でも「調身」に重きを置き、身体を徹底的にほぐすこと、感覚にフォーカスする坐禅指導をされているとのこと。また、一照さん自身がとても自由な魂の持ち主と聞いていたので、機会をうかがっていたのですが、先日ようやくチャンスが到来♪

台風一過の早朝の青空のもと、山寺に向かいました。

着くとお堂はもう満席。空いているのは一照さんの眼と鼻の先の座布団のみ(わお!近い!(^^;))

と言うことで、とても贅沢な席で坐禅指導を受けることができました(笑)

足の指一本一本から、骨盤周り、背骨一本一本、首周り、目・・・本当に丁寧に丁寧にほぐしていきます。

一照さんの「身体をとても丁寧に大切に扱ってくださいね」 「自分で感覚を掴むしかないので、自分に静かに聴きながら」 「大きく動かさなくていいので、味わうように、感じながら」 等の穏やかな声がけが、自分のペースで身体に向き合う自由や余裕を与えてくださいます。

小一時間ほど身体をほぐして、もう頭で何も考えられない「身体モード」に突入した頃、静かに坐禅に入りました。

坐禅は何回か体験する機会がありましたが、身体のバランスもとれているので、坐っているのが全然苦になりません。そして、こんなに静かに、すべてを受け入れる感じで坐れたのは初めてでした。とても深い時間となりました。

一照さん、ご一緒した皆さんに感謝です(合掌)。

その後、嬉しいオマケがついてきました。

自宅でいつものストレッチをする時に、同じ要領で目をつぶって、筋の一本一本が伸びる感覚、血が通う感覚、背骨一本一本を離すような感覚を味わいながらストレッチをしてみると、ほんの少し、気持ちよく延びているなあと言う程度にじっくりと伸ばしているだけで、汗ばむほど身体がぽかぽかに!

こういう感覚でストレッチしてあげると、身体とこんなにコネクトできて、こんなに身体がAliveになるんだ、と嬉しい発見でした♪

心身の声に耳を傾ける、という感覚が、更に理解できた体験でした。

また坐禅会に参加させていただきたいと思います。

ALOHA MAHALO

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
なんたる効果!!水中ーウォーキングの快感

みなさま

ALOHA こんにちは。

久々に、大ハマリしてしまいました。毎回身体の喜びの声が聴こえます♪

こんなに水中ウォーキングにハマるなんて思いもしなかったですが、とにかく「気持ちいい・効果が抜群・精神のバランスもとれる」 の三拍子で、運動音痴の私が毎週続けています。

ことの発端は、この夏立川のプールに行き、3歳になる姪の浮き輪を押しながら、流れるプールを2時間歩いた後に、腰痛と足のだるさがとれて、爽快感を体験したことでした。

善は急げで近くのTIPNESSに入会。早速次の日から水中ウォーキングのクラスに参加し、グレイシャス(おばあさまがた)と一緒に、週1回約1.5時間歩く習慣が始まったのでした。

まっすぐ歩くだけではなく、インストラクターの方の指導に従って、横歩き、足あげ、足をホールドする歩き方、腰ひねりなどビート板なども駆使して真剣に歩くと、驚くほど骨盤周りのサビが落ちるのが分かりました。

30分をすぎる頃には、頭の中の雑念もなくなり、まるでビパッサナー瞑想をしているようで、心のサビまで落ちていくようです。プールや温泉独特の、まるで子宮の中にいるような音響や、水中の感覚などを味わいながら歩いているうちに、本当にPEACEFULな気持ちになります。

そして、それだけでなく、なんと思いがけない効果があったのです♪

最初に歩いた日は、生理がちょうど終わった次の日。いつも通り順調に終わったなあと思っていたのですが、骨盤周りの動きが良くなったためか、なんとその夜もう一度経血が出て排出しきる、という体験を初めてしたのでした。その後の爽快感は、今まで感じたことがないものでした。

まるで、出産後にユーファイを受けていただいた後、経産婦さんの悪露がもう一度きちんと出た時のような体験でした。

そこでネットや書物で調べたところ、悪露だけでなく、毎月の生理もきちんと排経しきることが大切だとのこと。きちんと排出しきらないものが、内膜症を引き起こしたり、再吸収されてホルモンバランスを崩すということが書いてありました。

今まで、量や周期、PMSなどの症状と経血だけにフォーカスしてきたのですが、排出しきることにはあまり眼を向けていなかったので、眼からうろこ!そして、超納得でした。

そして、次の週は、ひねりのウォーキングをたくさん入れ、温かいジャクジーと交互にウォーキングを行ったためか、お小水が90分の間に5回も出て、腰の重さが一気に解消!えー、こんなに腎臓も目詰まりしていたのかしら、とこれもびっくり。

運動が不足しがちなのにインプットが多いことが病気になりやすい、現代人の生活のメカニズムがさかんに言われる今日ですが、私が行ってきたデトックスも、デトックスティーを飲んだり、リンゴ断食をしたり、とインプットを伴うものばかりだった気がします。

こうして、単純に、そして、気持ちよく、必要のないものを手放し、排出できる水中ウォーキング。ハマらずにいられようか状態です(笑)ウォーキングの後に、さっぱりお蕎麦を食べるのがお気に入り。

毎週日曜日の朝が待ち遠しい今日この頃なのです。

これから、水中ウォーキングによるデトックス効果の研究が始まります。ワクワク(笑)

また追ってご報告します♪

ALOHA MAHALO

(愛をこめて ありがとう)

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
夏温泉&岩盤浴でスッキリ!むくみ知らず

HONU(亀)さんも
 甲羅干し&岩盤浴♪

ALOHA

みなさま こんにちは

夏も中盤ですが、夏ばて知らず、むくみ知らずで元気にお過ごしですか。

毎年、夏ばてで4~5キロ落ちてしまう夏ばて女の私ですが、今年は、早め早めの対処が効を奏したのか、夏ばて知らずです(うれし泣き)。

色々試したのですが、何が一番効を奏したのかと言えば、夏温泉&岩盤浴です。

この暑いのに、温泉?岩盤浴?とお思いかもしれませんが、行く時間帯を夜にすれば、涼しいし、体が冷えることなく帰宅でき、最高です(笑)

稲城にある温泉が電車でいけるので、毎週通っています。

特に7月、暑さがピークを迎える前に、岩盤浴で3時間くらい体内の余分な汗を出し、内臓を温めたことで、今年は、食べられない日、食べ過ぎる日がなくなり、順調に過せています。

滞った部分の汗を出しながらお水をどんどん飲むことで、体内の血液もさらさらになるのか、逆に変な寝汗などをかかないため、夜もぐっすり眠れます。

ハワイ島にステイしていた頃、大好きなホナウナウの岩盤(溶岩でできていて、ハワイの太陽に温められた)で、岩盤浴をしたことがありますが、建物の中の岩盤浴でも、イメージだけはそんな感じで(笑)

温泉で(炭酸泉がとくにお気に入り)血流を良くしたあとに入るのが私のお気に入りで、岩盤浴から出た後、夜風を気持ちよく感じながら帰る帰り道は、堪えられません♪

夏こそ、温泉&岩盤浴!で元気に夏を乗り切っています。

皆様も、是非お試し下さいね♪

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
夏の寝冷え対策はやっぱり・・・コレ!

ALOHA

みなさま こんにちは。

夏ももうすぐそこまで近づき、そろそろ夜が寝苦しくなってきていませんか。

お布団をしっかりかけると汗をかく、いつの間にか布団なしで寝ていて明け方ぞくり・・・意外とこの時期の風邪や体調不良は、睡眠の環境。質にある気がします。

私がようやく辿り着いた睡眠環境は、この2つ☆

腹巻&レッグウォーマー!!です♪

パジャマもだんだん薄着になってきたり、Tシャツ&スウェットなどで寝ると、おなか周りが気が付かないうちに冷え冷えになって、熟睡できなくなってしまいます。

私は綿のさらさらして、透け感のある腹巻を寝るときは着用して、あとは少し薄手の七部袖のパジャマを着ています。そうするとどんなに寝返りを打っても、おなか周りが冷えないので、安心して熟睡できます。

そして、もう一つのポイントは足元。靴下をはくには暑いし蒸れるし、でも足元もなんとなく明け方寒くてふくらはぎがつってしまう、そんな方もいらっしゃることと思います。

私も同じく、だったので、今年からは、巷で流行っている透け感のある綿か絹のレッグウォーマーを、パジャマの下にはいて、ふくらはぎと足首を冷やさないように寝ています。これがまた快適なのです!!

足先は自由に動かせて、涼しい、でも婦人系のツボのある足首周りやふくらはぎはスースーする風からしっかりガードしてくれます。

この二つは、絶対に手放せない夜のお供となりました。

今年は猛暑の予想も出ており、冷房や除湿機を使って寝る方も増えてくると思います。

腹巻&レッグウォーマーで、おなか周り、ふくらはぎ&足首のポイントを冷やさないようにして、快適な夏の夜をお過ごしくださいね♪

ALOHA MAHALO

(愛をこめて ありがとう)

 

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
甜茶×ハーブ で花粉症予防☆

   ウレシイ×オイシイ

みなさま

ALOHA こんにちは。

インフルエンザの猛威のニュースがちょっとだけ一段落したと思ったら、いよいよ花粉のニュースがちらほらと・・・。

脾臓系、肝腎がもれなく過敏な私は、モチロン!!花粉症です。

それも、相当ヘビーな症状に、毎年悩まされます(沖縄にいた時は天国でしたあ(泣))。

なんとか自然療法で今年は勝ち越し、という年もあれば、冬に体力が落ち込んでいて、ケミカルの力を借りなくては鼻づまりで眠れない年もあり、試行錯誤しています。

今年は、1月末に10年ぶりのインフルと腎盂炎を併発して、3日間高熱を出したこともあり、例年の50%程度という花粉でも絶対に反応するだろうな、と予測しつつ、お買い物をしていたら、見つけてしまいました!素敵なものを・・・♪

それは、甜茶×ハーブのお茶です。

甜茶が花粉に良いことは以前から知っていて、何度か試したことがあるのですが、そのバラ科独特の甘さに挫折。。。

ところが、今回Lupiciaさんが出した甜茶×ハーブのお茶は、甜茶の甘みとハーブをうまく合わせて、ハチミツを入れたハーブのようなお茶に仕上げたところに、技あり!!

特に、ミントティーとの組み合わせは、もともと甜茶にもある、整胃腸作用・咳止めの作用と合わせ、ものすごく効果的&すっきりで、びっくりしました。(土用以来元気のなかった私の胃腸も、久しぶりに復活!食欲も満点に)

私は1パックを大量に煮出して、2日に分けていただいていますが、ヒスタミンの分泌を抑え、抗酸化作用、抗炎症作用、くしゃみ・鼻詰まり・目のかゆみの原因となるシクロオキシゲナーゼという酵素を抑制するらしく、たしかに、飲み始めてから2日目から目のかゆみまで治まってきました。

ご自宅にミントがある場合は、それに甜茶をミックスして飲むと、さらに経済的かもしれません☆(分量は、ネットなどで調べてみてみてくださいね)

いよいよ到来の花粉症の季節、自然の恵みを利用して、なんとかうまく乗り切って、すぐそこまできている素敵な春を迎えましょう。

ALOHA MAHALO

(愛をこめて ありがとう)

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
冬も大活躍☆バスローブ

ALOHA

みなさま こんにちは。

いよいよ寒くなってまいりましたね(泣)

この21世紀に、しもやけができるほどの冷え性のワタクシにとって、またまた挑戦の季節がやってきました。

ことしは、ご紹介してきた様々な対策のおかげか、今のところ「しもやけフリー」で過ごせています(祝)。このまま春まで乗り切りたいところです。

最近とても気になっていたのが、お風呂上りの過ごし方。

この時期のお風呂は極楽。そしてほくほくになるまでお風呂に入っていたいものですよね。

しかし、あまりほくほくになってしまうと、ひやっとした脱衣所の空気が気持ちよく感じて、バスタオル1枚で化粧水などつけているうちに冷えてしまったり・・・

逆に、ちょっとほくほくが足りないと脱衣所でぶるると震える羽目になったり・・・。

なんとかならないものかな、と思っていた時にたまたま見つけたひと工夫がありました☆

それは、夏に大活躍のバスローブ君です。

お風呂に入る時に、バスローブとバスタオルを浴室内のどこかに引っ掛けておいてから入浴し、ほくほくになったらバスタオルでざっと水気を拭きます。そして、バスローブでしっかり身体を包み、頭も水気をざっとふき取って、タオルを巻いてから脱衣所へ。

ほくほくの時は、汗を吸い取ってくれて着替えまでほくほくのまま。

そして、ほくほくが微妙に足りなかった時も、冷気から身体を守ってくれて、暖かいまま着替えに入ることが出来て、幸せでございます。

子育て中で、乳幼児とお風呂に一緒に入る際にも、さっと羽織ると風邪の予防になり、とっても重宝です。頭も、今流行の超吸収タオルターバンなどでくるっと巻いてしまうなどひと工夫すると、さらに楽ちんです。

ちょっとしたひと工夫で、お風呂上りがこんなに快適なんて!!と嬉しい発見でした。

(あまりに脱衣所が寒い時は、部屋でバスローブになってからそのまま浴室に入るのもオススメ← 冬は面倒くさがりに輪がかかる私)

余裕のある時は、お風呂に入る前に生姜湯やゆず茶、薬膳茶などを用意しておいて、お風呂上りにいただくと、なんだかとってもリッチな気分になります。

バスローブはそのままハンガーにかけてお部屋に干して寝ると、そのまま天然の加湿効果にも(これもかなりものぐさ系ですが)。

がんばっている冬の身体へのほくほくご褒美。

是非お試しください♪

ALOHA MAHALO

(愛をこめて ありがとう)

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
クセになっちゃった☆BEE WAX

  パッケージも可愛い♫

ALOHA

みなさま こんにちは。

年末年始、見事に晴天!!=見事に乾燥している今日このごろ。

インフルエンザなども気になるところですが、この時期私が一番辛いのは、唇の乾燥と、手の乾燥。

「このお仕事していると、オイルとアロマで手がさぞかしつるつるでしょう」とよく言っていただくのですが、マッサージ後のホットタオル、タオルの洗濯、洗いものなどを1日数回くりかえすと、意外と指先からボロボロと剥けたり、角質化したり・・・。

でもお客様のお肌に、そんな状態の手で触れたくないので、人一倍手のケアに気を遣います。

保育士をしていたときは、乳児さんのオムツ替えの度に手を洗うため、乾燥した手にはユースキンなどの薬用のクリームを塗りこんでいたのですが、お身体に触れるとなると、できるだけ天然のものを使用したい、でもなかなかいいものが見つからない・・・で、最初の1,2年はハンドケアにかなり苦労していました。

なので、Organic Padmaの100%オーガニックのBEE WAXに出会ったときは感動(T.T)でした。

サロンでもご紹介している布ナプキン同様、ほぼ100%オーガニックで、肌への浸透抜群。

そして、時間が経つとサラサラになってくるため、ビンやコップなどを触っても大丈夫というのが、主婦感覚には嬉しいところ。

しかも香りも天然アロマのラベンダーが入っているため、ちょっとした切り傷なら治ってしまいます。

よくサロンにいらしてくださった方の出産のお祝いに差し上げるのですが、ひりひりする乳首のケア、赤ちゃんの湿疹のケアなどに重宝すると、嬉しい声も続々☆なんです。

クリームとも、オイルとも違う、独特の浸透感・・・一度味わったらクセになります。もちろん、手だけではなく、全身にも使えます(産後の会陰ケアや痔のケアに使っていらっしゃる方も☆)

作家のあきちゃんが、自分のアトピーの肌を通して研究して作っただけに、ほんとうに安心して使えます。(余談ですが、あきちゃんは、震災の後すぐに、被災地のアトピーの人たち・子供たちの為に、クリームをたくさん作って送った、素敵な素敵な優しさの持ち主なんです(*^^*))

さらに、あきちゃんのオットリした性格からか、100%オーガニックの商品には有り得ない、ウレシイ価格なんです(笑)。

私もそんなあきちゃんに感化されて、ご希望の方には原価でご紹介しています。

毎年手荒れなどでお悩みの方には、とってもオススメです。

市販でも少しずつ天然のBEE WAXが出てきているため、お求めやすくなっていると思います。

今年の手荒れ・肌荒れは、迷ったら是非BEE WAXの優しさを体感してみてください♫

ALOHA MAHALO

(愛をこめて ありがとう)

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
Life with ALOHA. Copyright © 2010- Aina Hanau All Rights Reserved.