Home > 女神愛づるもの
心と身体をつなぐトラウマセラピー
心と身体をつなぐトラウマ・セラピー 心と身体をつなぐトラウマ・セラピー
ピーター リヴァイン Peter A. Levine雲母書房 2008-02
売り上げランキング : 85295Amazonで詳しく見る by G-Tools

久しぶりに、心と身体の奥まで共鳴した本です。

様々な事件や災害が起こり続けているこの世界で、トラウマという言葉がブームになり、心理学的な側面、個人的な体験や記憶にフォーカスされてきた従来のトラウマ療法のイメージを覆す本書は、特定の大きな事件や事故にあった人だけではなく、全ての人の幸福、子どもたちの教育、環境問題、平和への糸口につながる、大きな示唆を含んでいます。

様々な臨床のケースの中で、ピーター・リバイン博士は、トラウマを、爬虫類脳=延髄が司る「いまこの瞬間」を生きるための反応と、新しい脳=大脳新皮質の司る思考の狭間で、適宜発散・解放されるべきエネルギーが行き場を失い、からだの中に残ってしまっているもの、と捉えています。

そのエネルギーを、博士は、男女が愛し合っていて今まさに絶頂に、という時に、強制的に、そのエネルギーを停められたようなもの、と例えていますが(笑)、生き物として自然に いま を生きている動物には、トラウマが起きないことを例に、更に頭や感情・あやふやな記憶を使って解決しようとするのではなく、身体の中に残っているエネルギーが引き起こす「反応」に意識を向け、動物的な身体感覚(フェルトセンス)を感じてつながること、そして出ていこうとするエネルギーを押さえつけずに解放することこそ、鍵だということを発見するのです。

そして、さらに、広い視点にたつと、戦争や社会的な事件は、その構成員全員に深いトラウマを引き起こし、その行き場を失ったエネルギーが、世代を超えて更なる緊張を生み出し、そ誤った発散の形として、平和と逆方向の出来事を作り出す(再現する)のだとしています。

様々な部族の中で行われてきた呪術医やヒーラーによる儀式は、その魂と身体、ひいては世界と自分が乖離した状態を、歌や呪術により元に戻すためのものであったことにも触れており、それはちょうどハワイでいうとホ・オポノポノにあたります。ロミも、その過程の一つであることから、深く深く腑に落ちました。

「(フェルトセンスを使った)トラウマとの再交渉というものが例外なく神話的、詩的、英雄的な性質を持つプロセス」

(トラウマのエネルギーの解放による深い変容が起こると) 「この地球が危険な場所になることはあるでしょうが、過度の警戒を生み出す絶え間ない恐怖 (中略) に悩まされることはもうありません」

「不安ではなく信頼がすべてをの体験領域を形成します」(本文より)

世界と信頼と愛でつながりなおし、動物的側面と、スピリチュアリティ、知性を「統合」してフルに生きる・・・人類の究極の夢は、身体=もっとも身近な自然とつながることにあるとする博士の、人間に対する限りない愛の視点と、ご自身もセラピストである藤原千枝子さんの訳が、とても素敵です。

火山や大自然とつながったハワイではなく、日本の、この自宅で出来るロミは、とても些細な行為ですが、ご縁あっていらしてくださる方の中にある、動物的な、豊かなエネルギーに再アクセスして、豊かに生きるためのサポートができるようなロミが出来たら・・・と、思わずにはいられません。

この世界に暮らすことに生き辛さを感じる全ての「正常な」人、セラピストの方、子どもに関わる全ての方にオススメしたい1冊です。

 

 

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
Healing Water
ヒーリング・ウォーター ヒーリング・ウォーター
ヒーリングミュージック
デラ 2002-12-05
売り上げランキング : 3608

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

久しぶりのCDのオススメです。

暑い夏、クーラーの部屋にいて体内が滞りがちな夏(笑)、なかなか長期で休みが取れず、海や山に行く機会が取れない方にも、オススメのCDです。

心地よいせせらぎ音、鳥たちの声、自然の水の音が、涼しさを演出するだけでなく、体内の水の流れまで促進してくれるような気がします。

自然音だけではなく、自然音を引き立てるような、竹の音やハーモニックな和音がそっと加わり、本当に静かで、穏やかで、満ち足りた気持ちにさせてくれます。

水の音と、鳥の声は、人をなによりも穏やかな状態にしてくれると読んだことがあります。それは、生命維持にかかせない水の音、とくに清流を思わせる音と、t周りに猛獣がいないこと、天候の急激な変化がないことを告げる鳥たちの歌声が、私達に平和で、穏やかな時間を保証してくれた、太古の昔からの記憶を思い出させるからだとか。

私のお気に入りは、お風呂に入って血流が良くなった時にかけて、自分の体内の水も、どんどんクリアに澄んで、流れていくところをイメージする聴き方です。

夏のお供に・・・是非聴いてみて下さいね。

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
女はみんな女神
女はみんな女神 女はみんな女神 (ウイメンズ・ブックス)
ジーン・シノダ ボーレン 村本 詔司
新水社 1991-01
売り上げランキング : 699438Amazonで詳しく見る by G-Tools

すべての女性に読んでほしい、素晴らしい1冊!何度も何度も読み返して、咀嚼して、その度に気づきがある、私のバイブルのような本です(笑)

ユング派の心理学者であったジーン・シノダ・ボーレンが、全ての女性の中に存在する様々な声、場面に応じて顔を出す人格を、ギリシャ神話でおなじみの女神をメタファーに、分析・分類して、明快に説明しています。

若い女性や子ども、自然の守護神であり、そのためなら男性と戦うことも辞さない独立心旺盛なアルテミス。

知的で、学問的追及や政治に興味を持ち、有能な男性の片腕として誇りをもって仕事にまい進するアテネ。

活動的で、著名な夫の妻であること、縁の下の力持ちとして存在することに喜びを見いだすヘラ。

家事や自分の愛する活動を、瞑想的に楽しんで行い、しっかりした自分の世界を確立していくヘスティア。

男性との関係で苦しみ、傷つき、その中で自分を見つけていく若い娘ペルセポネー。

溢れるほどの母性で子どもや男性の世話を焼き、そこに幸せを見出すデメテル。

恋愛のエネルギーを通して、相手にも自分にもインスピレーションを与える恋の錬金術師アプロディーテ。

 

全ての女神が、私達の中に内在しているという著者の意見に、大きくうなずいてしまうのは、私だけではないはず。

自分の中にある真逆の顔や様々な声に直面した時、どれが本当の私なのかしらと悩む必要がなかったことを教えてくれます。だって、どれも自分の中の女神の声だったのですから!

女性ガ生き方を模索することが許される、でもとてもチャレンジングな20世紀、21世紀。

自分の中にいる女神たちを召集して会議を開き、今の局面を、どのように乗り切ったらいいかをしっかり見極め、女性として生まれた自分の人生を豊かに全うして生きるよう、教えてくれます。

この女神の傾向が強い人が母になったら、更年期以降の課題は、自分と正反対の女神が強い子どもをもったら・・・など、自身が二児の母でもあるジーン・シノダ・ボーレンの眼差しは、鋭くも、優しい眼差しで、全ての女性の人生を応援してくれています。

絶版ですが、中古で買える他、公式HPからダウンロードもできます。

全ての女性、全ての女神に読んで欲しい1冊です。

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
心の揺れ、知性の波ーPMSと更年期、ホルモンをめぐる物語
心の揺れ、知性の波―PMSと更年期 ホルモンをめぐる物語 心の揺れ、知性の波―PMSと更年期 ホルモンをめぐる物語
ローリー・A. フッターマン ジョン・E. ジョーンズ 池上 千寿子
はまの出版 1999-04
売り上げランキング : 608221Amazonで詳しく見る by G-Tools

女性の実に半数以上がなんらかの悩みを抱えているPMSと更年期について、専門的な知識をしっかり抑えつつ、分かりやすい説明で、私達女性の身体に内蔵されている波のメカニズム、そして、その乗り切り方、付き合い方を紹介しているオススメの1冊です。

特に、女性の誰もが向き合うべき問題ー女性として輝きを保ったまま、どう年齢を重ねていくかーに関して、数々の女性達の生き様を見つめてきた著者は、こうアドバイスします。

 

・美への新しい見方を創造する  ・内面の強さを再確認する ・体の感覚に敏感になる

・精神力を鍛える ・自分を認める  ・手近な解決より、先の結果を期待する

・その感情とつきあってみる  ・「完璧さ」よりも「進歩」に重きをおく

・現実的な目標をもつ ・自分の限界を知る ・可能性を信じる (本文より)

どれも、とても、納得。

ちょうど、この本を読んだ時は、長時間の移動中に月のものが来て、ひさしぶりにPMSの波を感じている時だったので、身体のすみずみまで、細胞の一つ一つがうんうん、そうなのよね!と納得。大きくうなずきながら、一気に読みました。

毎月のPMSや女性としての大きな変化の時期である更年期を、ネガティブに捉えるのではなく、女性として、月の化身とも言われる神秘の生命体として、いつまでもみずみずしい感性をもって生きるために、積極的に受け入れ、乗りこなしていきたいと、改めて決意しました。

ハワイ語で月はHINA、神秘的で美しい、男性から独立した女神です。

そして、ハワイだけでなく、古来月は女性の象徴であり、出産、美、生命そのもの、そして創造力の源でした。女性のリズムに知らず知らずに振り回される男性も、女性を通して月とダンスしているのかもしれません。

女性であることを謳歌し、祝福して生きるために・・・是非手にとってみていただきたい1冊です。

 

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
かわいいからだ予報
かわいいからだ予報 かわいいからだ予報
寺門 琢己
ポプラ社 2009-10
売り上げランキング : 273190Amazonで詳しく見る by G-Tools

ALOHA

みなさま こんにちは。

いよいよ昨日小寒に入りましたね。寒さも本番、ここから一気に冬になっていきますね。

私が日本の二十四節季を本格的に意識し始めたのは、沖縄に住んでいた1年半の間です。

月の満ち欠けが潮だけではなく、人体や植物との密につながっていることを実際に体感する中で、「月の満ち欠けにあわせた旧暦と、日本の四季に合わせた二十四節季は、なんて合理的なんでしょう!!」と感動したことがきっかけ。

ちなみに、私はもともと胃弱で体力がないため、合理的なことが大好きです(つまり面倒くさがりなのです)。合理的・・・を突き詰めていったら、身体と言うスーパー合理的な知性に出会ったという感じです(笑)

そんな二十四節季の過ごし方を、オシャレに、解りやすくまとめてくれたのは、やはり整体界のワンダフルな異端児寺門琢己さん。

節季ごとのファッションなども紹介しているところが、相変わらず女子の心をゲットしています。

この本を使い始めてから、3年目。本当に良くできていて、使える!!という一冊です。

お天気クラブだったという寺門先生のオタクぶりも、本文の随所に見られ、天気図などが好きな女性にはダブルで楽しめます。

2月の立春からスタートする身体ケア。一緒に始めませんか。

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
女は人生で三度、生まれ変わる
女は人生で三度、生まれ変わる―脳の変化でみる女の一生 女は人生で三度、生まれ変わる―脳の変化でみる女の一生
ローアン ブリゼンディーン Louann Brizendine
草思社 2008-08
売り上げランキング : 192866

Amazonで詳しく見る by G-Tools

この本との出会いで、劇的に身体、特に女性の身体と心についての理解が深まった、画期的な1冊です。

人間の身体は様々なホルモン、脳内物質の精妙な働きによって生理的活動はもちろん、情動活動、知的活動を行うことができるのですが、この本は中でも女性が一生の中で経験する変化を、ホルモン、脳内物質の変化から紐解いていきます。

卵子を一生分もって生まれる女性(男性は後から作るのです)は、初潮に始まる毎月のホルモンの満ち干の波、女性として成熟してくるまで、そして出産、ママの脳、閉経と、絶えず変化にさらされます。

その波に時に翻弄され、時に乗りこなし、しなやかに成長していく女性の人生の変化を理解するのに、これほど役に立つ本は滅多にお目にかかれません。

特にママの脳になっている女性の、たくましさ、優しさ、ママ友をはじめとする同性集団に属したいと言う欲求、そして、内心うちの子が世界一可愛いと思ってしまう親ばかぶり・・・

そんな悲喜こもごもがこんなにホルモンに左右されていたとは!と驚きの連続です。

私は身体や脳の本を読んで、この驚くべき神秘の世界に触れるのが大好きなのですが、この本を読んで以来、実際に人や自分に対しての反応が180度変化しました。

今までだとむっとしていたセクハラ傾向のおじさまも「ううむ、テストステロンにかなり支配されていねえ」と冷静に観察できたり・・・

カリカリ気味な自分を観察して「黄体ホルモン優位なのね、もうちょっとで波を乗り切れるから、がんばれ、自分」と、自己嫌悪に陥る代わりにエールを送ったり・・・

脱母親・妻=独立宣言を出して、活き活きボランティアに励む母を見て「そうかあ、ママの脳が終わると、女性は自由になるんだなあ」と納得したり・・・。

性格的なこと、心理的なことを分析したり、評価したりするよりも、身体をケアして愛を注ぐほうが、人生の南極は楽に乗り越えられる、と思って実践しているのですが、それを裏づけ、女性の身体の変化の波をサーフィンする術を教えてくれる1冊です。

女の子のお母様は必見かもしれません☆

是非読んでみてくださいね。

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
うっとりするからだ
うっとりするからだ―おとなの女のキレイを磨く うっとりするからだ―おとなの女のキレイを磨く
寺門 琢己
サンマーク出版 2003-01
売り上げランキング : 330270Amazonで詳しく見る by G-Tools

私がカラダというワンダーランドに興味をもって、今の人生に辿り着くための大きなきっかけになった本です。

この本を見つけた当時、自分のカラダをケアする、とうい習慣が全くないまま保育士を続けてきたつツケがまわってきて、ストレス性喘息、胃下垂、カラダのゆがみによる肩こりと腰痛、それらに伴う諸症状で、気力でいきている状態でした。

そんな時本屋で目にしたこのタイトル。

「カラダにうっとりって、なんですか\(@.@)/?!」と即買い(笑)

カラダとの付き合いかた、カラダに関する考えが180度変わり、そこから寺門琢己さんの本はほぼ全部と言っていいほど読みました。無視され続けてきたカラダからのご神託だったのだと思います(笑)

そこから、野口整体、東洋医学、ハーブ、食養生などのホリスティック医療への興味の扉が次々に開かれて、気が付いたらあっという間に自分がこの世界に入っていました。

寺門さんにはワークショップに行って、お会いしたこともありますが、とてもバランスがよく、ゆるゆるの素敵な先生でした。さすが、あの硬派の野口整体をここまでゆるく、ガールズ仕様にしただけあるなあ、と思ったのを覚えています。

まだまだうっとりするカラダには届いていませんが、今はすっかり健康になり、カラダと対話しながら、自分に合った生き方や価値観、不調のときの対処法などを考えられるほど仲良しになりました。

あと数年したら、きっとうっとりするカラダに・・・と言う密かな願望を再燃させるために、時々開いてみるうっとりする1冊です。

 

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
屋久島

 

屋久島(DVD付) 屋久島(DVD付)
ネイチャー・サウンド・ギャラリー
デラ 2007-09-10
売り上げランキング : 4943Amazonで詳しく見る by G-Tools

ロミロミの本場ハワイでは、自然の中、例えば海辺やお庭などで自然の音を聞き、風を感じながら施術を受けることができます。

セラピストの心地よい施術を受けながら、大自然のエネルギーが五感を通して入ってくる、それは極上な時間です。

この日本でも、その素晴らしい感覚を少しでも再現したい・・・そんな思いで自然音を取り入れたCDをよく探して、施術中に流します。

この「屋久島」は自然音シリーズのなかでも大のお気に入りのCD☆

熱帯地方の鳥の声、水の音、レインフォレスト独特の音の反響がはハワイ島でクムに連れて行ってもらった古代からのレインフォレストの森を思い出させてくれて、私自身効くたびにエネルギーチャージできます。

先日いらしたお客様がお二人とも、自然音のBGMがいいとリクエストをされたので、このCDをかけながら施術をしていたら、いつもよりもほぐれて、リラックスされているのがこちらの指先にも伝わり、びっくりしました。

お二人とも、本当にお元気になって帰られて、常連のお客様からは「なんだか今までで最高潮に癒されてほぐれたみたい~」とのうれしいコメントも。

音や光が波動なのは有名ですが、私達の身体も一定の周波数で振動している原子が集まってできた一つの波動オーケストラ♪

その細胞一つ一つに働きかける音の力を、実感させられます.

滝の音、川の音、そして、波の音に、身体の老廃物が隅々まで洗い流されるのをイメージして聴いていると、効果抜群です。

是非聴いてみてくださいね☆

ALOHA MAHALO

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
薬草魔女のナチュラルライフ
薬草魔女のナチュラルライフ―ハーブを楽しむ・ヘルシーハーブ活用術 薬草魔女のナチュラルライフ―ハーブを楽しむ・ヘルシーハーブ活用術
ガブリエレ ビッケル 林 真一郎 

東京堂出版 2002-07
売り上げランキング : 255554

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

一番好きなハーブの本を一つ挙げてください、と言われたら、迷いなくこの本を選ぶだろうなあ、というくらい、大好きな1冊です。

タイトルに惹かれて購入したのですが、ドイツ本国でベストセラーに選ばれたのも頷ける、内容も、ビジュアルも、そしてイラストも本当に素敵でワクワクする本です。

ドイツの素晴らしい風景やハーブの写真に、本当に見ているだけで癒されるだけでなく、「そうか、こんな風にハーブを活用するとオシャレで実用的なんだ☆」と素敵なインスピレーションをもらえます。

ハーブや薬草、というと、なんだか専門家しか扱ってはいけない特別なもの、という感覚を持っている日本人に、薬草魔女のビッケルさんは、気さくでユーモアたっぷりにな口調で「ハーブ・薬草という素敵で身近な魔法を使わないなんてもったいないわよ」とばかりに、ハーブの魅力を語ってくれます。

ハーブの知識だけではなく、心理的側面と身体の不調の関係、人生の難問にしなやかに対応するための人生の智恵もシェアされていて、ページをめくるたびに、よーし、ハーブの魔法を借りて、この難所を乗り切ろう、とポジティブに思える本です。

読み終わる頃には、私も薬草魔女になりたい!という密かな欲望に火がついてること、間違いなしです。

是非手にとってみてくださいね。

 

 

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
水とALOHAとMAHALOと・・・ 映画「WATER」

 

今日はDVDのご紹介です。

先日、沖縄で「WATER」という映画を観る機会をいただきました。

私達の身体の60~70%以上を占める水、地球上の大部分を占める水、全ての生命の源である水について、私達人類は、まだまだ何も分かっていない・・・と科学者達は語り始めます。

しかし、分かってきたのは、水が記憶するということ、そして、人間の思念や感情のバイブレーションが水の構造(クラスターの構造)に大きな影響を与えると言うこと・・・。

ロシアで300万人を動員したこの映画は、世界の科学者の証言と実験を美しい映像とCG画像で、水だけではなく、私達人間の役割について教えてくれる貴重な映画です。

「水からの伝言」で水の美しい結晶写真で衝撃を与えた江本勝氏も紹介されており、美しすぎる結晶たちを観ているうちに、私達人類がどれだけ水を通して全ての生きものと有機的に、驚異的につながっているかをダイレクトに理解できます。

中でも「愛・感謝」の2つのバイブレーションの持つ力は計り知れないほど、と全ての科学者達が言います。

そうかあ、やはり自分自身が、ALOHAとMAHALOのエネルギーでいることが、何よりも大切なんだなあ、と改めて実感しました。

1.ALOHAとMAHALOを感じられる心と感性を養う

2、ALOHAとMAHALOを感じられることを積極的にする

3、ALOHAとMAHALOを感じることがまだできない活動をするときは

「ありがとう」をひたすら唱えて「ありがとう瞑想」をする

の3点セットをフル活用しよう☆と決めたのでした。

あとは、プラスαで・・・

ALOHAとMAHALOを感じられない時も、自分を責めたりせず、そのままの自分を受け入れることも自分へのとても大切なALOHAだなあ、なんて、そこは私らしくゆるゆるでやっていこうと思います(笑)

水の神秘と、人間の愛の無限の可能性について教えてくれる「WATER」、機会があったら、ぜひ観て見てくださいね。

ALOHA MAHALO

 

 

 

 

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
Life with ALOHA. Copyright © 2010- Aina Hanau All Rights Reserved.