Home > 女神の旅
生命力マナ=歓び HAWAIIに教えられたこと

ALOHA

みなさん こんにちは

5月の14日から21日まで、ハワイはBIG ISLANDハワイ島と、オアフ島に行ってきました。

前半は、大好きなクム デーンシルバ先生のところで背骨ロミMO’OLomiの勉強、そして、後半はオアフ島に立ち寄り、島の大自然を廻りました。

ハワイ島は、ヒロという町のドルフィンベイホテルに滞在したのですが、可愛いキッチンもついているので、NATURAL FOODのお店で、新鮮なオーガニック野菜とパスタを買い込んで、毎日自炊を楽しみました。

昼間はロミロミスクール&クリニックハレ ロミロミ オ ケカイマリノの海の見える素敵なサロンで、クムの親友で、薬草に詳しい鍼灸師のデイビッドさんと一緒にロミのお勉強。夜はコキュコキュ・・と鳴くカエルの声と、鳥の鳴き声しか聴こえないホテルでたっぷり睡眠。。。本当に贅沢な時間を過ごすことができました。

 

オアフ島では、ハワイ四大神の一人、クーのヘイアウにお参りしました。クーは戦いの神として有名ですが、一方「長寿や農業、漁業、農業、海の豊かな恩恵、それにカヌー作りと関連する神様」と言われています。(「マナ・カード ハワイの叡智の力」キャサリン・カマナ・ベッカー博士著より)

今回ここをお参りしたかった理由は、産前産後のお母さん達のケアに携わる仕事をしている自分のエネルギーをクリアにしかったから、そして、9ヶ月間、自分の中に海(羊水)を抱えて子どもを育むお母さん達を守ってくださるようにお祈りしたかったからです。

海風のエネルギーが気持ちよく吹いてくるヘイアウで、静かにお祈りをさせていただくことが出来ました。

 

そして、もう一つ、メネフネ(夜働く力持ちでいたずら好きの小人さん)が一夜にして作ったというヘイアウを訪れることができました。

ヘイアウからの見晴らし、そして、何より、ヘイアウの周りに創られてた渓流やタロ畑の素晴らしさ・・・ただただ心打たれました。

自然を敬い、最小限の手入れをして、完璧に自然と調和したタロ畑には、生命力が満ち溢れていて、そこに立っているだけで大地から、空気から、植物から、生命のエネルギーが降り注ぎ、身体が内側から熱くなってきたのにはびっくりしました。

生命の楽園、という言葉が浮かびました。

 

 

 

 

 

最後に訪れたのは、ナショナルパークの散歩コース。

美しい滝までの往復1時間半の道沿いには、自分が小人になってしまったような、巨大な樹木とシダ類、観葉植物が溢れかえっていて、その生命力に圧倒されます。

植物達が、まるで生命の歓びを謳っているような空間を歩いているうちに、私も歓びで胸がいっぱいになり、涙が出てしまうほどの幸福感でした。

そうか・・・生命力=マナって「歓び」そのものなんだ、そして、「歓び」がこそが生命力の源なんだ・・・21世紀を地球人として生きていく大切なヒントを貰った気がしたのでした。

心身魂が充電されたハワイでの1週間。

こころからの感謝でいっぱいです。

ハワイでいただいたエネルギー、マナがロミを通して、みなさんにつたわりますように・・・

ALOHA MAHALO

 

 

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
地球に、母なる人に 感謝をこめながら

ALOHA

みなさん こんにちは。

震災や原子力発電所の事故など様々なことがあっても、変わらずに咲いてくれた桜さんたち、そして日々芽吹く新芽の美しさに、思わず涙ぐんだり、勇気を貰ったりした4月でした。

また、この新芽たちに負けず、元気に、そして、本当にぴかぴかな状態でこの地球に生まれてきてくれる赤ちゃん達、その母なる人たちに、たくさん出会えた3月、4月でもありました。

子育てをがんばるママたちのロミロミ、妊婦ロミ、産後ロミ、ユーファイの施術を通して、誰よりも勇気と愛をいただいたのは私だったなあと実感。

この大変化の時期に、母なる地球に私がいまできることは、目の前の大切なお客様、そして、母なる人たちの身体をALOHAをこめてケアすること・・・と心を決めてから、たくさんの産前産後のお母さん達からのお申し込みをいただいたのは、偶然ではない気がします。

妊婦さん、産後のママには、「あたらしいいのちを育んでくださって、勇気を持って産んでくださって本当に本当にありがとう」

そして、赤ちゃんには「一緒にこの地球をもっともっと素晴らしいところにしていこうね。生まれてきてくれてありがとう」を込めて・・・

手の動き、ポットの動き、ハーブボールの動きに合わせて、心の中でありがとう、ありがとう、ありがとう・・・と感謝をこめて施術をしているうちに、思わず涙がこぼれそうになり、おっとっと・・・あわてて目をこすることがしばしば。

本当に幸せな時間をすごさせていただきました。

心から感謝でいっぱいです♪

昨日も、あと2週間で生まれる赤ちゃんが過ごしているお腹を、ママの手と一緒に優しくマッサージしていたら、「大丈夫よ、全然怖くないよ。生まれてこようって自分できめてきたのよ。みんなに会えるのを楽しみにもうすぐ生まれるから♪」と聞こえた気がしました。

地球も大丈夫、いきものたちも大丈夫、日本も、こどもたちも、みんな大丈夫!

子どもたちと一緒に、楽園のような地球にしていくために、私もがんばるぞー!改めて力がみなぎるのでした。

 

ALOHA MAHALO

 

 

 

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
「約束の地」に少しずつ歩き始めます

ALOHA

みなさま こんにちは

震災から11日ほど過ぎ、今回の出来事の全容が少しずつ分かってきて、少しの休息と深呼吸が必要な時ですね。

被災地の方はもちろん、大きな被災を免れた地域の人たちの間にも、疲労感や無力感、どこに向かって何をしたらいいのかわからない、という虚脱感のようなものが生まれてきているのを感じます。

私も一昨日の満月を観ながら、力が一気に抜けていくのを感じて、ハーブティー、アロマ、湯たんぽ、お祈り、ストレッチなどありとあらゆるものを駆使して、自分を一度癒しました。

少しずつ回復していく中でふと思い出したのは、震災の前に観てとても感動した TEDtalks でのニック・マークスの「地球幸福度指数」についての講演でした。

『ニックマークスが語る「地球幸福論」』

(View subtitlesをクリックすると日本語字幕を選べます)

統計学者であるニック・マークスは、人々が終末論的な環境論の影響でフリージングしている状態から抜け出し、Promise Land(約束された幸福の地)を目指して行動するための指標として、「地球幸福度指数」という指標を提案しています。

人類の幸せと地球の幸せを兼ね合わせて計る、きちんとしたフィードバックのできる指標を人類が共通に掲げることで、ネガティビティに捉われることなく、幸せを切り開いていける・・・と澄み切った穏やかな瞳で語りかけています。

そして、その指標に沿って私たち一人一人ができる5つの行動を挙げています。

1.つながること(connect)

2.活動的であること(be active)

3.注意を払うこと(take notice)

4.学び続けること(keep learning)

5.与えること(give)

被災地以外にいて、大きな被害に合わなかった私たちにできることの一つは、これからの社会の在り方を「地球幸福度指数」の高いものに再建していくことではないかしら・・・。

何度も何度も繰り返しこの講演を聞き直し、勇気が出てきました。

急進的な活動に走るのでもなく、目をつぶって元通りの社会の在り方に戻るのでもなく、子供たちに「約束の幸福の地」を残せるように、目標を見失わずに歩き出すこと。

その時の大きな心の支えになる指標だと思いました。

とりあえず私にできる第一歩として、学び続けることを選び、本屋さんで原子についての本と、未来エネルギーの可能性についての本を買いました。

専門家に任せるのではなく、政府に一任するのでもなく、自分の分かる範囲でいいから、自分の頭で考えることから始めようと思います。

みなさんも、TVやラジオを16分49秒だけ切って、ニックの話に耳を傾けてみてください。

きっとできることが見えてきて、力と勇気が湧いてくると思います。

ALOHA MAHALO

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
新しいいのちとの約束

みなさん

ALOHA

こんにちは。

地震から数日経ち、深刻さが分かってくるにつけて、光に還られた方、被災地の方、救助活動に全力を注いでくれている全ての関係者のために祈るばかりです。

そして、たったいま、この瞬間も、新しいいのちの誕生や新しい命を生み出そうとがんばっているお母さん達がいます。

被災地で新しいいのちが誕生した感動的なシーンは記憶に新しいと思いますが、周りでも新しいいのちが生まれてきています。

昨日ロミロミに来てくれたのは、陣痛が始まったときに地震が来て、陣痛が止ってしまった妊婦さん。

優しくて、暖かい、素敵なお母さんのもと、赤ちゃんが一番よいタイミングで、生まれてくるのを待っています。きっと満月にあわせて生まれて来るかしら。

午後は、双子ちゃんの子育てをがんばっているママが、双子ちゃんと一緒に来てくれました。ころんころんと寝返りをしながらひと遊びした後、ぐっすり眠ってしまったあどけない二人の顔。そして、そのいのちを育んでいる、おっとり可愛らしく、でも芯のある、素敵なママの笑顔に、ああ、この風景を守っていく一助になろう、と勇気を貰いました。

今日もまた友人のお孫さんが生まれようとしています。

そして数え切れない新しいいのちが、今も、この瞬間に地球に、日本におりてこようとしています。

この時期を選んで、この地球にきてくれる、勇気のある、愛あふれる新しいいのち。

きっと私たちにない賢さと、智恵をもってうまれてくる魂たちに、こころから感謝と祝福を送ります。

このいのちが、すくすくと育ち、未来の美しい地球をクリエイトしていけるように、そのための地盤作りを、日本人みんなで、世界と手をつないで作っていくときなのだなあと思いました。

不安や恐れの道ではなく、ALOHAと愛の道を選択するかどうか、私たちにかかっているんだなあと思いました。

オノヨーコは、CNNの取材に対してこうコメントしています。

「われわれの気持ちは一つ。日本人が持つエネルギーと回復力、知恵を振り絞らなくてはならない」

「日本は初めて全世界がうらやむ国になる」

そうか、日本はきっとこれを機に、環境的にも、精神的にも、愛と智恵を選択し、構築した世界もうらやむ国になるんだ、と熱い思いでいっぱいになりました。

深呼吸しながら、自分の心の声に耳を傾けて、地に足をつけて、ALOHAに基づいた国の未来を選択していきます、とこどもたちの魂に約束したのでした。

良かったら、ご一緒に、愛とALOHAあふれる楽園を、これから作っていきましょう。

みなさんにたくさんのALOHAを送ります

ALOHA MAHALO

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
ALOHAに意識を向けて

みなさん

ALOHA

昨日の地震では、想定以上の被災、被害となってしまいましたね。

亡くなられた皆様、今も大きな心身の痛手を負っている皆様に、心からのお悔やみとお祈りを申し上げます。

私はロミロミをしている最中に地震が来たのですが、お客様と一緒に無事に、そして、穏やかに避難することができました。

友人でもあるお客様kさんは、電車が止ったため、そのまま一緒にサロンでお泊り。

アロマをたいて静かな音楽をかけて、被災地に光を送る瞑想をしました。

次々に飛び込んでくるショッキングな映像、原発の放射能漏れの不安、被災地の方たちの言葉に出来ないほどの悲しみを思うと、心の痛みを感じて、無力感や怒り、ネガティブな気持ちに襲われてしまいます。

でも、FACEBOOKやTWITTERをはじめとするインターネット、ケーブルTVを通じた海外のニュースを見ると、海外の方たちがどれだけ援助の手を差し伸べようと準備をしてくれているか、どれだけ心から心配してくれているか、そして、それだけの祈りを捧げてくれているかといった情報に溢れています。ありがとうございます。

私の敬愛するハワイのクム デーンシルバ先生も、日本に向けてヒーリングのサポートをしてくれています。

私たち生徒にも、私たちの持つALOHAを、ロミの技術を大切な人たちの心、身体、魂を癒すのに使ってくださいという、ALOHAに満ちたメッセージを貰い、私の中の縮こまっていたALOHAな気持ちが大きく膨らみました。

みなさんも、どうかまず神経が過敏になっている身体をケアして、自分をALOHAで満たしてくださいね。

少しTVを消して、静かな音楽を聴きながら、10分でいいから深呼吸をしたり瞑想する・・・

カモミールやジャスミンミルクティー、お気に入りの暖かいお茶を飲む・・・

大切な人やペットとゆっくりハグをする・・・

ゆっくりアロマやハバスソルトを入れたお風呂に入って神経を落ち着ける・・・

湯たんぽを抱っこして寝る・・・

まずは自分の心身を落ち着けて、自分にALOHAを取り戻すことはとても大切です。

そして、そのALOHAを周りの、身近な方に広げていく・・・それだけで、この状況をのりきるための、とても大きくて強い力になります。

AINA*HANAUでは、ALOHAの状態に戻るお手伝いをいたします。

14日から24日まで、無料でロミロミマッサージをいたします。

詳細は、イベント・お知らせをご覧ください。

みなさまが心身のバランスを取り戻して、ALOHAな状態に1日でも早く戻りますように。

たくさんのALOHAを送ります。

ALOHA MAHALO

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
《ALOHAなイメージ》の贈り物

ALOHA

みなさん こんにちは。

今日のALOHA見つけたは、ロミロミが私にくれた大切な宝物のお話です。

私の大好きな、尊敬するクム(先生)デーン・シルバに教わった、ロミをする際に大切なことの一つは、イメージの力。

最初のプレ(お祈り)の際に、クライエントさんの一番いい状態をイメージして、あとは天にゆだねて施術することがいい施術につながるんだよ、と教えていただいたときには、なんだか愛の魔法を教わったようで、どきどきしました。

もちろん、施術している時には、ここの筋肉にこわばりがあるなとか、この部分が冷えているなとかここにトリガーポイントがあるな、ということは意識して施術するのですが、最初に一番いい状態を強く強くイメージして、あとは宇宙にゆだねる感覚でロミを始めます。

初めてお会いした方の一番いい状態ってどんな風に思い描くの、とよく聞かれますが、私はその方の心身がほぐれて一番素晴らしい笑顔をなさっているところ・・・誰もが持っている、こどものような、一番ぴかぴかな状態を思い描きます。

その笑顔を胸にロミをすると、自分もとてもいいエネルギー、ALOHAの心でロミをすることができます。

その癖で、最近では、日常の中でも、友人はもちろん、初めてお会いした方や電車の中や道ですれ違う方でも、ご縁のあった方の一番いい笑顔を反射的にイメージします。

たとえ、その方が不機嫌そうな顔をしていたとしても、怒った表情をされていても、どんな雲の上にも太陽があるように、その表情の奥に、こどものようなピカピカの笑顔が輝いているのをイメージすると・・・

その雲が一時的なものであることを思い出し、リラックスした状態で人と接することができます。

すると、世の中がどんどん生き易くなり、幸せを感じる瞬間のほうが増えていくのです。

ロミロミが私にくれたものは計り知れないのですが、このいいイメージの癖は、なによりの宝物となりました。

今日もロミロミに感謝。ありがとうございます。

ALOHA*MAHALO

(愛をこめて ありがとう)

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
愛をこめて ありがとう

ロミロミと出会い、小さな家庭的なサロンをオープンして、もうすく丸3年になります。

本当にたくさんの方たちにサポートしていただき、多くのことを学ばせていただき、ALOHAをたくさん共有できた3年間でした。

ロミを始めてたくさんの幸せの扉が開いたのですが、その一つが、家族との本当の絆が深まったことです。

父母は月に1度、マッサージ大好き人間の姉と姪っ子たちは毎週ロミを受けてくれていますが、その時間が私にとっては、なくてはならない大切なALOHAな時間です。

父の広い背中をロミしていると、この背中にどれだけおぶわれたか、またその時の感触や匂いまで鮮明に思い出されて、毎回鼻の奥がつんとします。

私たちを守るために生きてきた力強さ、誇りを感じさせる背中に、心からの感謝をこめて、どうか長生きして、いつまでも私たちを力強く見守ってね、と心の中で話しかけます。

母をロミするときは、信念をもって、誇り高く生きていくこと、人生を楽しむことを教えてくれた母が、ますますほがらかに、生きることを楽しんでくれるように、と毎回願います。もっともっと色々なことを話そうね、もっともっと仲良くしようね、そんな気持ちでロミをします。

姉のロミのときは、ガールズトーク。

子育てのあれこれ、小さかったときのこと、身の回りでおきている出来事をあれこれ話しながら、一緒にがんばっていこうね、という想いをこめてロミします。

どの家庭にもあるように、葛藤や反抗、喧嘩をした時期や少し距離ができた時期もありましたが、ロミをして呼吸を合わせたり、ロミの前後にその時の気持ちをシェアしたりしていく中で、家族間の不協和音がどんどん改善されていき、今は家族の歴史の中で一番仲が良く、ALOHAで結ばれる絆が深まっています。

1回1回のロミがホオポノポノとなり、家族を調和の方向へ導き、結び付けてくれていることを感じます。

それを感じる中で、今新たな夢が生まれています。

将来的には、家族の大切なALOHA時間としてのロミロミを、ご縁があったご家族やカップルに伝えていきたい!という夢です。

もちろん、それまでに、技術はもちろん、ALOHAな生き方をもっともっと学び、実践していくことが大切なのですが、強いご縁で家族になった魂同士で、最高の癒しと滋養であるロミロミを、日常的に互いに贈り合うことができたら、夫婦間も、親子間も、親族にもALOHAの環が自然と広がっていく・・・ALOHAの環がめぐりめぐっていく・・・

考えただけでワクワク、うっとりします♪

日本中が、そして、世界中がいつかALOHAでつながる日を夢見て、今日も心をこめてロミをします。

ALOHA*MAHALO

(愛をこめて ありがとう)

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
地球へ ようこそ

ALOHA

みなさま こんにちは。

今日も、妊婦ロミにいらしていただいた方から、無事出産されたとの嬉しいご報告をいただきました。

ご縁をいただいた方のご出産のご報告を聞くと、毎回うるっとうれし涙が出てしまいます。

心からの「おめでとう!!」「よくがんばりましたね!」、そして、赤ちゃんには「地球へようこそ」と言いながら、一人で何回も万歳してしまいます☆

そして、生まれたばかりの赤ちゃんに、幸多き人生が待っていることを心からお祈りします。

もちろん、残念ながら、いま私たち人類は様々な問題を抱えて大きな転換を迫られていて、100%手放しで「地球は素晴らしいところよ!」と言えない状況ではあります。

様々なニュース、目まぐるしい日常、迫ってくる変化の足音に、みんなが、どこかで不安を感じて生きている中で、やはり私も時々ふっと弱気になる時もあります。

でも、そんな時に新しいいのちの誕生という、本当に本当に嬉しい、素晴らしいご報告をいただくと、ぱあっと光が差し込んできたように、気持ちが俄然ALOHAになって、こどもたちがALOHAでJOYFULに暮らせる地球になる日まで、また今日から願晴れそう!!・・・ポジティブなエネルギーどこからともなくあふれてきます。

今日も、今も、どこかで赤ちゃんが生まれてる。

そう思うと胸が熱くなって、深いところからエネルギーが湧きでてきて、なんだか、いてもたってもいられなくて・・・

大好なゴダイゴの「Beautiful Name」の歌を、気が付くと口ずさんでいます。

こどもたちが 幸多き人生を歩めるように…

お母さんたちが子育て、ご自分の人生をALOHAいっぱいに歩めるよう…

私にできることをコツコツ続けていこうと…と改めて思う幸せな瞬間です。

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
好き×Ahonui=花ひらく

ALOHA

みなさま こんにちは。

沖縄で知り合った友人で、大好きな花飾り作家 かわしまよう子さんのトークショーに行ってきました。

飾らない自然体のおしゃべり、一つのことを極めようとしている人が放つ輝き・・・目が離せない素敵な人です。

トークショーの会場はレストラン「ハコニワ」の奥にあるキチムさん。シンプルなスペースに、かわしまさんの写真がまたよく合います。また今回は音楽家の津田貴司さんのつむぎだす音とのコラボレーション企画で、スペース内には津田さんのクリエイトしたしずくの音が響き、いのちを育む水の音を、歓びとともにじっと聴いている草花の気持ちを、疑似体験できる空間になっていました。

トークショーでは、野の花を愛で、飾り、自分達のライフスタイルを花の眼で観直すかわしまさんの活動が、どうやって生まれてきたかを語ってくれました。

会社員を辞めてから2年近く、朝市の花を仕入れては、ご自宅で誰にも会わずにひたすら植物と向き合いエネルギーを合わせる日々を送ったこと。(お花の朝市は本当に朝早いのです!)

アレンジした草花を路上やお店で売っているうちに、花を売るのではなく、野の花とそれを育む土と向き合うことがご自分のライフスタイルだと気が付き、今の活動を始められたこと。

淡々と、笑顔でバランスよく話すかわしまさんのお話に、深く感動しました。

可憐なかわしまさん 野望はコンクリを剥がす事

お話を聴いていて、「こだわりは哲学に 悩みはバランスに」という言葉が浮かんできました。そして、かわしまさんの生き方はとてもALOHAだなあ、と思いました。

ロミロミ、フラ、レイメーキングなど、私たちにお馴染みのハワイの伝統文化の道は、実は深いコミットメントとALOHAの5つの要素の中でも特にAhonui(忍耐強さ)を必要とするもの。

深い魂の部分でその活動に愛を感じること × ALOHAを持って続ける忍耐強さの末に、花開くもの・・・。

かわしまさんの活動は、まさにALOHAの5つの要素を体現していて、しかもAINA(大地)と深くつながったものだからこそ、これほど多くの方の心を動かすんだなと思い、改めてそんなかわしまさんと出会えたことを嬉しく思ったのでした。

私もコツコツ、ALOHAを持って、ロミロミの道を歩き続ける勇気をもらい、改めてロミロミにコミットメントしたのでした。

みなさんも、機会があったら、かわしまさんの作品に触れてみてくださいね。

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
女性でよかった~のタイの伝統医療

みなさま

あけましておめでとうございます。今年もどうかよろしくお願いします。

年末はタイに念願のユーファイを習いにいってきました。

ユーファイとは、産後の女性のためのハーバルケアで、タイで取れるハーブを贅沢に使って、産後の女性の身体を優しく、また効果的に回復させるタイの民間の伝統医療の一つです。

今回お世話になったのは、バンコクにあるTHMスクールのドゥサディー先生、シー先生、そして日本人スタッフの磯野さん。本当によくしていただきました。

「私の施術だけではなく、たくさんの人から、いいと思う施術をどんどん習って取り入れなさいね、だって、それは何よりもクライエントのためになるんだから」 と、ALOHAな心で、惜しみなくご自分の知恵と技術をシェアしてくださったシー先生は、多くのタイのお母さん達にユーファイを実際に施術されている現役のセラピストです。ポイントをしっかり押えつつ、5日間しっかりと指導してくださいました。

産後7日目から受けられるこのユーファイは、7日間連続で受けることで悪露を出し切り、身体を産前の状態に戻りやすくすることやお乳の出をよくすることを目的として、タイでは伝統的に行われてきた施術。

施術だけでなく、毎日赤ちゃんの状態を見ながらのおしゃべりや子育てのアドバイスも、退院後の子育てに戸惑うお母さん達の精神衛生上とても効果的と、現代のタイでも人気が復活しているそうです。

実際に私も3.5時間の施術を体験しましたが、「ああ、そこです!そこを温めて欲しかったのですー!」 というポイントを、ぽかぽかのクレイポットやハーブボール、そして、温かい手で、揉み解していただき、極上の時間でした。

最後のハーブサウナから出てきたときは、別人の様につるるん&ゆるるんの顔でした。

産後7日後以降、7日間連続でしっかりとケアしてもらい、存在をそのまま抱きしめてもらい、その間の家事はだんな様やご家族、ご近所さんが担当してくれるという子育てのスタート・・・

一人でプレッシャーと戦いながら、初めての子育てに四苦八苦してがんばっている日本の女性にとって、ため息が出てしまうくらいの、うっとり待遇ですよね。

ユーファイを受けた後は、予後の経過が良いばかりか、更年期障害の症状の軽減につながるということで、注目を集めている施術です。(フランスの産後のメディカルスパと似ていますよね)

出産や子育てに対して100%幸せ体験と言い切るのが難しい日本で、 「わあい、女性に生まれてよかったあ」 と感じられるこんな素敵な産後の体験が広がったら、もっともっと日本中の女性がALOHAな人生、ALOHAな子育てを楽しめるはず!

わくわくが止まらず、頭の中までALOHA一色のお花畑状態で帰国したのでした。

今は家族やご希望のお客様にモニタリングをお願いして、この施術を日本で合う形でデビューさせられるように試行錯誤中です。

更年期障害や生理不順、PMSにも効果的というこの施術、2月のバレンタインデーのデビューを目指しています(ちなみにバレンタインデーは外国では男性が女性にプレゼントをあげる日でーす)。どうかお楽しみに!

そして、こんな素晴らしい伝統医療を育てて守ってきてくれたタイ王国、惜しみなくシェアしてくださるタイの皆さん、コップンマーカー(どうもありがとうございます)!

Share this...
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
Life with ALOHA. Copyright © 2010- Aina Hanau All Rights Reserved.